diy
ローバー

自分用ミニ地球ローバーを手に入れるチャンスだ

次の記事

Apple曰く今度のデベロッパーサービスの事件はバグのせい、セキュリティ侵犯ではない

火星は遠く離れていて、辿り着くには途轍もないコストがかかるので、もし自分自身の火星ローバーを所有するという夢があっても、それが実現することはおそらくないだろう。しかし、 地球ローバーが必要な場合は、資金調達目標に達することがでできれば、それを提供できる新しいKickstarterプロジェクトがある。Turtle Roverは、これまでヨーロッパ、ドイツ、スウェーデンの宇宙機関のための、いくつもの火星ローバープロトタイププロジェクトに取り組んできた小さなチームによって開発された新しいロボットだ。

5人のチームが、彼らのローバーを「着陸」させるために6万ユーロ(約7万1500ドル)を調達しようとしている。車両の出荷は来年の4月を目標にしていて、DIYキットもしくは完全に組立済のマシンとして支援者には提供される。最低額はおよそ1000ドルだ。

Turtle(ローバーの名前)は、内蔵バッテリーに対する1回の充電で、最大4時間運転できる4輪の地上無人機で、ほとんどのコンピュータ、タブレット、スマートフォンで使えるアプリを介して簡単に制御することができる。Turtleは外部の通信グリッドに接続されていない場合でも、独自のWi-Fiネットワークを構成することが可能だ。これは大事なことだ。なぜなら、こうしたものは未踏の地に分け入るためにデザインされているものだからだ。

Raspbianで動作するRaspberry Pi 3コンピュータを搭載していて、ビデオキャプチャとライブストリーミング用のフルHDカメラを装備している。デザインは水密性があり、プロジェクトのクリエイターによれば、悪影響なしに完全に水没させることが可能だ。最大500グラム程度のものを持ち上げることのできるロボットアームも用意されている。また、これは完全にカスタマイズ可能なため、奥行きや環境検知用のために、Microsoft KinectやLiDARセンサーなどの、独自のアドオンを組み込むこともできる。

5キロまでの荷物を載せることができるので、実際にDSLRとレンズを搭載することや、遠隔洞窟探検をする際に、興味深い地質サンプルを集めるための箱を載せることもできる。すべてのハードウェアとソフトウェアは完全にオープンソースであり、プロジェクトのクリエイターたちは、これを開発プラットフォームまたは教育プラットフォームとして使うことを推奨している。

Turtle Roverは人間がアクセス困難な場所に、より簡単にアクセスできるように、そして足取りの重い人間のように邪魔にならないようにデザインされている。ビデオでは、人間が探索できない場所をTurtleがいかに探索できるかを見ることができる。チームはまた、ローバーが非常に低い重心を持ち、実際のNASA火星ローバーに触発されたサスペンションは、厄介な地形を航行するのに役立つ筈だと語る。

Turtle Roverは、Simon Dzwonczyk、Julia Marek、Martin Twardak、Aleksander Dziopa、Justyna Pelcの5人のチームで外部資金を使わずに作製され、現時点では支援者に100%頼っている。それにもかかわらず、5人は企業の仕事を辞めて6ヵ月で完全に機能するプロトタイプを作製した。彼らによれば、Turtleを実際に構築する能力を示すことができたので、現在ベンチャーキャピタルからの接触も受けているところだという。

  1. 491f4c2706b2bd363552ab8202a081bb_original.jpg

  2. 6a26195a266b0c51e924d7641e300d66_original.gif

  3. 6694bbdfb4add09bb04cf86f8fa84226_original.png

自己資金で設立されたハードウェアスタートアップにとって、これはとても有望な話だ。そして自分の興味を更に掘り下げたいアマチュアの宇宙もしくは無人機ホビーイストたちにもアピールするだろう、また真のメイカープロジェクトで教育に使うこともできる。Kickstarterのキャンペーンは9月24日に終了する、この記事の執筆時点における達成額は半分ほどだ。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)