ビデオの配信をWebRTCのピアツーピア通信で行うStreamrootが$3.2Mを調達

次の記事

GMOに続きDMMも仮想通貨マイニング事業に参入、「DMMマイニングファーム」を10月開始

フランスのスタートアップStreamrootがこのほど、Partech Ventures, Techstars Venture Capital Fund, Verizon Ventures, R/GAなどのVCから320万ドルを調達した。同社はWebRTCを利用する、とても安上がりなビデオストリーミング技術を提供している。

YouTubeやNetflixなどのビデオは、ビデオファイルの内容が彼らのサーバーから送られてくる。それはデータセンターとユーザーのデバイスとのあいだの、単純明快な一方向通信だ。でもビデオファイルは重いから、それらを送れるだけの帯域を確保するために大金を投じなければならない。

Streamrootは、ピアツーピアの層をそこに加えて、この形を変えようとする。今ではDailymotionやCanal+, Eurosport, Russia TodayなどがStreamrootの技術を使って、必ずしもすべてのビデオが彼らのサーバーからは来ないようにしている。

DailymotionでTaylor Swiftの最新のミュージックビデオを見ている、としよう。大人気スターだから、同じ時間にそのビデオを多くの人が見ているだろう。Streamrootは、そのビデオの一部またはすべてをほかのユーザーから直接ダウンロードしようとする。

そこで、二人のユーザーに自分のサーバーから同じファイルを計二度送る代わりにDailymotionは、サーバーからの一回の送信で二人の視聴者をまかなう。同じビデオのトラフィックの大きなスパイクがあるときには、この方法はとくに有利だ。

この技術の良い点は、それがユーザーにとって完全に透明であることだ。WebRTCはデスクトップでもモバイルでも、現代のWebブラウザーのほとんどがサポートしているから、ユーザーが特別なソフトウェアなどをインストールする必要はない。ピアツーピアの方が通信の質が悪いときには、Streamrootはブラウザーへの通信を従来のサーバーからに切り替える。つまり、両者の良いとこどりをする。

Streamrootは現在、1か月に4億のビデオセッションを送っている。同社によると、そのトラフィックの50〜80%は、この分散インフラストラクチャを利用している。

  • 情報開示: VerizonはOathのオーナーであり, OathはTechCrunchのオーナーです。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))