OTA
バッテリー

Teslaが台風避難のために隠しスイッチを使って、フロリダを走る一部の車の走行距離を伸ばした

次の記事

次世代Apple WatchはLTE通信対応

Teslaはフロリダ州を走る車両の一部にOTA(通信経由)の更新を適用し、ほんのわずかだけその走行距離を伸ばした。このことは、その車の所有者がハリケーン・イルマの被害から、より遠くまで避難することを助けてくれる。

しかし、なぜそんなことが可能なのだろうか?

数ヶ月前まで、Teslaは60kWhバージョンのModel SとModel Xを販売していた。しかし実際にはそれらの車には75kWhのバッテリーが搭載されていたのだ。Teslaはフルレンジの75kWhバッテリーを必要としない人たちのために、より安価な60kWhを実際に提供することもできた。しかし物事をシンプルに保つために、Teslaは同じ75kWhのバッテリーを利用してそれをソフトウェアでロックしていたのだ。もし60kWhの購入客が、より長い走行距離が必要だということがわかり、アップグレードを希望した場合や…もしくはTeslaが緊急時にオーナーたちに走行距離の余裕をすぐに与えたい場合には、それが可能なのだ。

これが種明かしということだ。

RedditにいるTesla所有者が最初に気づいたように、同社は避難勧告地域内の60kWhモデルを75kWhにする「一時的なアップグレード」を配信した。

Elektrekによれば、このバッテリー増強によって、完全充電の下では走行距離が約50キロ伸びることになる。このような小さな距離でも、個人が怪我をすることを免れたり、大切な人たちを安全に救出したりすることを助ける。これはとても役に立つことだ。

しかし悲しいかな、このアップグレードは永遠に続くものではない —— Teslaは永久的アップグレードに対しては通常5000ドルを請求している。Tesla Motors Clubのファンフォーラムのメンバーたちは、この一時的な更新は9月16日に取り消されると報告している。

(もしハリケーンの中の道を走っているガソリン車の所有者がこのページに辿り着いた場合には:GasBuddyがフロリダの人びとの役に立てようと、近隣でまだ燃料をもっているガソリンスタンドを発見することを助けるツールを公開している。 そしてもし避難することができるなら、そうして欲しい)。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)