デジタルエンターテイメント

2028年のロスアンゼルスオリンピックが、史上初めての真にデジタル化されたオリンピックになる理由

次の記事

中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

【編集部注】著者のAndrew Keenは、3冊の書籍”Cult of the Amateur”、”Digital Vertigo”、”The Internet is Not The Answer”の著者。Futurecastのプロデューサーであり、Keen Onのホストも務める。

ロサンゼルスに拠点を置くタレントエージェンシーWasserman Media Groupの創業者兼CEOであるCasey Wassermanは、LA市長Eric Garcettiからの任を受けて、2028年のオリンピックの成功のために働いている。

ハリウッドのワーナーブラザーズスタジオで開催されたFuturecastイベントにおける最近のインタビューで、Wassermanはテクノロジーがオリンピックをどのように変えていくかということと、2028年のゲームが将来の世代に向けて設定する基準について語った。

Wassermanは、現在芽生えつつあるテクノロジーの多くが、2028年には既に現実的なものになっているだろうと予測する。拡張現実感から人工知能、自動運転車、そして完全に機能するスマートシティまで。テクノロジーとエンターテイメントのスタートアップたちに、大きな投資をしているWassermanは、デジタル技術がLA 2028ゲームの中心となると予測している。

彼は、拡張現実はオリンピックの肉体的体験を世界中の数十億の人びとに対して再現し、「有意義で重要な機会」を提供するだろうと語る。この革命的な技術は、スタジアム内外に居る人たちにとって、体験を「とても良い」ものにしてくれるだろうと彼は信じている。それはこれまでハリウッドが常に全力を尽くしてきた「ストーリーを語る」力を増すものになるだろう。

シリコンバレーは、オリンピック準備に協力することができる、とWassermanは言った。言われがちな北カリフォルニアと南カリフォルニアの違いを乗り越えて、Wassermanは2028年のロスアンゼルスオリンピックを、統一されたカリフォルニア物語として提供するつもりだ。最先端のシリコンバーの技術とハリウッドのエンターテイメントを組み合わせて。「これがカリフォルニアのすべてです」と、彼はこの結婚について語った。LA 2028は素晴らしい結婚式になるだろう。

今回のインタビューの制作にご協力いただいたGreater Providence Chamber of Commerceの方々に感謝する。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)