専門家の“時間”を売買するメタップスの「タイムバンク」、iOSアプリを公開

次の記事

2028年のロスアンゼルスオリンピックが、史上初めての真にデジタル化されたオリンピックになる理由

7月にサービスを発表して注目を集めていたメタップスの「タイムバンク」。そのiOS向けアプリが9月11日に公開された。App Storeから無料でダウンロードできる。Android向けアプリも提供準備中だという。

アイドルからアスリート、経営者などの専門家が時間を売買

タイムバンクは「時間」を売買するマーケットだ。アイドルやアスリート、経営者、クリエーターといった専門家の時間を10秒単位でリアルタイムに売買できる。時間の売買は、株価のように日々の取引で変動する。また、時間の売買に加えて、専門家が設定する条件を満たすと「リワード」として購入した時間を使用できる。例えば時間を売りに出している専門家と出会う、講演してもらう、ランチやディナーを楽しむ、といった具合だ。

専門家のファンであれば時間を持ち続けて応援することもできるし、それを行使して専門家と出会ったり力を借りることもできるし、その専門家の時間を求める人へ、自身が保有する時間を売ることもできるというサービスになっている。なお、時間の売買や時間購入のための出入金時には、所定の手数料がかるとしている。

メタップスでは7月のサービス発表とあわせて、時間を発行する専門家の申請(SNSの影響力や信頼性、専門性をもとにスコアを算出、同スコアが57以上でないと申請に通過しないとしていた)を受け付けている。

現在アプリ上には、タイムバンクの運営アドバイザーでもあるキッズライン代表取締役社長の経沢香保子氏ら5人の時間について新規発行がアナウンスされている状況だ。金額を見てみると、例えば経沢氏の時間は1秒72.3円で売り出される世予定となっている。メタップスによると、当初は専門家が一度に売りに出せる時間は1000万円未満。また専門家とユーザーとのお金のやり取りは、同社が仲介に入ることで、安心して利用できる運営体制を構築するとしている。

審査は「かなり硬い」、今後は1日数人ペースで専門家を拡大

ただし、アナウンスされている時間の売買はいずれも9月13日から。なお申請通過後の審査に関してはかなり時間をかけているそうで、今後1日数人程度のペースで専門家の数を拡大していくとしている。

「基本的にはSNSスコアの審査に通った方に一人ずつご連絡して、時間の内容の調整から注意事項の確認など一件一件すり合わせてやっていってるかたちです。だいぶウェブっぽくないやり方ですが、決済事業を通して審査の重要性は身に染みているので泥臭いやり方でやっていこうと思ってます。経営陣の大半が金融出身者なのと、(自社が)公開企業なので、かなり硬い人達でやっています」(メタップス代表取締役CEOの佐藤航陽氏)