Test IOのQAサービスに、開発ツールJiraからの直接アクセスが可能に

次の記事

iPhone 8のカメラのポートレートライティング機能でプロがスタジオで撮ったような高級感ある写真を作れる

現代の「急げや急げ」アジャイル開発環境の中では、ソフトウェアの品質保証テストは控え目な場所に追いやられることもある。この不協和な状況に対してTest IOのようなオンデマンドテストスタートアップが参入してきている。開発者たちが有能なQAテスターたちに​​簡単にアクセスできるようにするサービスだ。

このたび同社は、Test IOサービスを、Atlassian Jira開発ワークフローツールに直接組み込む、新しいプラグインを発表した。このツールはAtlassian Marketplaceで入手できる。

インストールしたなら、開発者たちは単にJiraインターフェイスにあるTest IOボタンをクリックして、テストパラメータを選択し、ワークフローを開始するだけだ。するとサービスは、開発者が要求する必要な専門知識と機器を持つテスターを選定する。と、Test IOのCEOであるPhilip Sofferは説明した。

Sofferによれば、3万人の審査済みソフトウェアテスターからなるチームを擁していて、テスターたちは人間のスーパーバイザーによってある安定したテストレベルに達するまでクロスチェックを受けた者たちということだ。それぞれのテスターは、その品質、可用度、その他の要素によってランク付けされる。プログラマーが特定のスキルと機器を持っている人を問い合わせると、それらは要件に合致する、現在オンラインで対応可能な最も有能な人物にルーティングされる。2つ以上のスキルが必要な場合には、テストリクエストは同時に複数のテスタにルーティングされる可能性がある。ここでのアイデアは、実世界のテスト条件下で、可能な限り迅速かつ正確にQAを完了させることだ。

レビューが完了すると、問題を示すスクリーンショットとスクリーンカムムービーを添えたレポートが、問題のリストとともにプログラマーに直ちに送り返される。開発者は、レビューに関する質問があれば、インターフェースの中でテスターと直接コミュニケーションを取ることができる。

スクリーンショット2017-09-11 14.53.51.png

写真:Test IO

Test IOの顧客の70%がJiraを使用していることを考えれば、同社がサービスにアクセスするためにできるだけシンプルにすることは理にかなっている。Jiraプラグインがない状況では、開発者はブラウザを開いてTest IO Webサイトにアクセスし、サインインし、テストパラメータを選択し、テストする材料をアップロードする必要がある。プラグインを使えば、そうしたものの多くは組み込みツールによって処理され、プログラマたちはテストのリクエストや結果のレビューを行うために、Jiraから離れる必要はない。

Test IOは2011年にベルリンで創業し、現在もそこにオフィスを構えているが、現在の本社はサンノゼに置かれている。Sofferによると、スタートアップは毎年収益をほぼ2倍に伸ばしており、2015年には500万ドルの資金を調達している

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)

FEATURED IMAGE: HERO IMAGES/GETTY IMAGES