iPhone 8とiPhone Xは高速充電に対応している

次の記事

iOS 11のサポートでQR、NFCに北米で復活のチャンス

バッテリー容量の50%を30分で充電できたらいいと思わないだろうか? iPhone 8(と8 Plus)とiPhone Xならそれが可能だ(via Engadget)。この3機種は、Appleが初めて出した〈高出力充電器を使えば早く充電できる〉スマートフォンだ。

すでにiPad Proがそうであるように、新しいiPhoneは付属の充電器よりも速い充電速度に対応している。Appleの29ワットUSB-C充電器(MacBookに付属)とUSB-C-Lightningケーブルを使うと、ずっと早く充電できる。新しい13インチまたは15インチMacBook Proを持っている人なら、付属の61ワットまたは87ワットの充電アダプターを使うこともできる。

高出力に対応していれば、どのUSB充電器も使える。試してみる前に充電器の評判を確認することをお勧めする。USB-CとLightningの変換ケーブルについても同様だ。

MacBook充電器を使って、始終最新のiPad Proを高速充電している経験を言うと、違いはものすごく大きい。別の充電器が必要ではあるが、ついにiPhoneでもできるようになったのは大変うれしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook