OracleがCloud Native Computing Foundationにプラチナ会員として参加、Java EEをオープンソースに

次の記事

このバッテリー不要の携帯電話は太陽光と高周波で動く

Oracleが今日(米国時間9/13)、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)にプラチナ会員として加わることを発表した。これによって同社は、Amazon, Cisco, Google, IBM, Intel, Microsoft, RedHatらとともに、このLinux Foundation傘下の団体に参加し、コンテナオーケストレーションプロジェクトKubernetesとその関連ツールを支えていくことになる。

CNCFへの入会はお安くない。プラチナ会員は、年会費が37万ドルだ(Linux Foundationの既存の会員には割引がある)。したがってこの団体に加わることは、その企業がKubernetesのエコシステムを支援していく意思表明になる。

Oracleは単に同団体に参加するだけでなく、Oracle LinuxにKubernetesを加え、Oracle Cloud InfrastructureのためのKubernetesインストーラーTerraformをオープンソースにする。このほかすでにOracleは、Kubernetesに多くのコントリビューションをしており、関連するコンテナツールも提供しているから、今日の正式加入は、エコシステムへのこれまでの投資を、公式化する動きにすぎない。

CNCFのCOO Chris Aniszczykは、今日の声明文でこう述べている: “Oracleには、世界クラスのエンタープライズのニーズに対応してきた数十年に及ぶ経験がある。そんなOracleをCNCFのプラチナ会員として迎えることは大きな喜びであり、同社はエンタープライズクラウドの未来を定義していくことに重要な役割を果たすと思われる”。

現時点ではKubernetesがコンテナオーケストレーションツールのデフォルトスタンダードであることに、もはや疑いの余地はなく、今やほとんどすべての企業が、お金の面やコードの寄与貢献の面でこのプロジェクトを支えている。

Oracleの加入の発表と並行してCNCFは今日、同団体が資格認定したKubernetesサービスプロバイダーの最初の一群を発表した。この分野の深い知識と同団体の公式の資格をもって企業のコンテナオーケストレーションを助けていくサービスプロバイダーは、Accenture, Booz Allen Hamilton, Canonical, CoreOS, Giant Swarm, そしてSamsung SDSである。

また今日は、二つの新たなプロジェクトが同団体のオープンソースツールの仲間に加わった。それらは、分散トレーシングシステムJaegerと、Lyftの開発チームが提供したエッジとサービスのプロキシEnvoyだ。

Oracleも今日、オープンソースの発表を行った。同社は、これまでクローズドソースだったJava Enterprise Edition(Java EE)をEclipse Foundationへ移し、そのコードをGitHubに置いた

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))