memory

AWSがメモリが4TBを超える仮想マシンの提供を開始、インメモリデータベースがさっそく食らいつく

次の記事

不動産テックのライナフがアットホームと業務提携——AI音声認識で仲介会社に物件情報を提供

数か月前にAmazonのAWSグループは、メモリが4から16TBぐらいのインスタンスタイプを準備している、と述べた。そして今日(米国時間9/14)はついにその約束が実現して、メモリのサイズでは最大のEC2マシンを同社はローンチした。そのx1e.32xlargeインスタンスは、RAMがなんと4.19TBもある。EC2のこれまでで最大のインスタンスは、メモリが2TB強だった。

これらのマシンはクアッドソケットのIntel Xeonプロセッサー(2.3GHz)、最大25Gpsのネットワーク帯域、そして1920GBのSSDを装備する。もちろんこれだけのメモリを必要とするアプリケーションは多くないが、SAPのインメモリデータベースHANAとその各種のツールがこれらのインスタンスで動くことが公式に認定されていて、SAPはこれらのアプリケーションをこのインスタンス上で運用することに関し、直接のサポートを提供する。

これらの新しいインスタンスは目下、AWSの4つのリージョンで利用できる: それらは、US East(Northern Virginia), US West(Oregon), EU(Ireland), そしてAsia Pacific(Tokyo)だ。当然ながらこれらのインスタンスはお安くない。たとえばUS Eastのオンデマンド料金は1時間$26.688、Asia Pacificでは$38.688だ。つまり、AWSのもっとも高価なVMとなる。

ちなみにMicrosoft Azureの最大のメモリ最適化マシンは現在2TB強が最大で、GoogleはRAM 416GBが最大だ〔USのみ〕。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))