ポルシェの電気自動車「Mission E」が2019年に発売へ。価格はパナメーラと同等

次の記事

“わが社のストーリー”を発信するプラットフォーム「PR​​ Table」が1.5億円を調達

Porsche初の完全電気自動車が2019年末に発売される、と今年のフランクフルト・モーターショーで同社が発表した。価格は現在のPorsche Panameraと同程度ということなので、米国では少なくとも8万ドル程度からになりそうだ。

Mission Eが最初に公表されたのは2015年で、現在出荷前の最終開発段階に入ろうとしている、とCar Magazineは伝えている。Mission Eは完全電動駆動系を備え、Porsche全体の車種ラインアップでは、Panameraと911の中間の位置を占める。4ドアのスポーツカーで、現在公開プロトタイプテストに向けて開発が進められている。

  1. p15_0790_a4_rgb.jpg

  2. p15_0787_a4_rgb.jpg

  3. p15_0783_a4_rgb-2.jpg

  4. p15_0782_a4_rgb-2.jpg

  5. p15_0786_a4_rgb.jpg

  6. p15_0785_a4_rgb.jpg

  7. c39a5b81-d5fc-4462-b7e3-6d402c864096_teaser_720x406x1_5.jpg

この車の最終的なデータやスペックはまだわかっていないが、当初のコンセプトは600馬力のモーターを搭載し、PorscheがTeslaのModel Sと直接対決する一翼を担う車であることはわかっている。4輪駆動で、0~60 mph加速が3.5秒、最高速度は155 mph(240 km/h)以上と言われている。

バッテリーはフル充電時の航続距離が300マイル(480 km)。350 kW急速充電にも対応している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook