billing

AWSのEC2が秒単位の課金制になった…GCPやAzureの分単位課金に対抗だ!

次の記事

写真スタジオよさらば、colormass仮想写真ツールの登場

2006年にAmazonがAWSのクラウドコンピューティングサービスEC2立ち上げたときには、時間制の課金が画期的に感じられたが、でもそれは、端数がわずか数分でも1時間と数えられてしまうことを意味していた。しかしこのところAWSのコンペティターたちはより柔軟な課金形式を採るようになっている(分制が多い)ので、AWSも10月2日に彼らの上を行って、そのLinuxベースのEC2インスタンスには秒制の課金方式を導入することになった。

この秒制の課金形式は、オンデマンド、リザーブド、スポットの各インスタンスタイプに適用されるほか、EBSボリューム用に手配されたストレージにも及ぶ。Amazon EMRとAWS Batchもこの秒制に移行するが、各インスタンスの最低料金は1分ぶんであり、また、Windowsや、独自の時間制料金のLinuxディストリビューションを使うマシンには適用されない。

AWS Lambdaのようないわゆる“サーバーレス”のプラットホームが急伸し、これらが秒未満の課金制を導入している今となっては、古い時間制の課金形式は多くのデベロッパーにとってナンセンスと感じられる。しかし単純な事実としては、EC2はGoogleやMicrosoftなど分制の課金に移行したプラットホームに比べて割高である、という評判がこのところ広まっていたのだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))