Google傘下のNest、屋外用スマート防犯カメラを349ドルで発売

次の記事

発表イベントを控えてGoogleのPixel 2 XLがリークか――849ドルで2色との情報

本日(米国時間9/20)Nestはカメラの最新機種、Nest Cam IQ outdoorを発表した。同社の室内用スマートカメラの機能を頑強な屋外用カメラに取り込んだ製品だ

Nestのセキュリティー製品責任者、Michele Turnerが今日、サンフランシスコのイベントで話したところによると、泥棒が家に侵入する最も多い方法は、単純に鍵のかかっていないドアから入ることだ。そして、彼らを阻止するために最も重要なのが防犯カメラだ。これを検証するべく、同社はプロの侵入窃盗者に実際に会い、彼らの「仕事」体験について話し合った。

Nest Cam IQ outdoorは、同社曰く「現在売られている最も強力な屋外用防犯カメラ」だ。同社の室内用カメラと同じく、この頑強・防水バージョンもNestのスマート機能を備えている。たとえば、誰かが通路に入ってきたり、家族が帰ってきたことを教えてくれる。そしてもちろん、内蔵スピーカーを通じて、家の前にいる誰かに直接話しかけることもできる。

泥棒が簡単にスイッチを切らないように、カメラは窃盗防止マウントを使って電源に直接装着される ―― ただしそれは、ホームオーナーにとって設置に少々作業が必要であることも意味している。

新型カメラの価格は349ドルで、米国およびカナダで予約を受け付けている。年内に米国、カナダおよびヨーロッパで出荷される予定。


[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook