会社のポリシーに従って完全に構成済みのスマートフォンが社員の手に渡るGoogleのサービス、日本は近くSoftbankから

次の記事

女性が嫌がらせや差別に立ち向かうようになった理由

Googleは、企業が社員にスマートフォンを与えるときの新しいやり方、zero-touch enrollmentローンチした

これまでは、新しいスマートフォンを企業のユーザーに与えるときは、気の毒なアドミンがその作業のすべてを引き受けて、デバイスを正しく構成したり、会社のポリシーをすべて守っていることを確認したりしていた。今度のzero-touch enrollmentはその名のとおり、人間アドミンはノータッチである。そして、これまでのすべての手作業を自動化する。

その特長は、社員が新品のスマートフォンをただちに使えること。すなわち、デバイスがキャリから届いたときには、管理サービスやセッティングがすぐできる状態になっている。

そこでユーザーがやることはユーザー登録と必要なセットアップだけだ。すぐに使い始めてよい。アドミンが認証のための作業をやる必要がなく、自社のサービスに手作業で各機を加える必要もない。電源を入れればそれはすぐに自動的に、VMwareのAirWatchなど、会社のモバイル管理の対象として登録される。

今この自動構成〜管理機能を使えるのは、Verizon(本誌Techcrunchの親会社Oathの親会社)のネットワーク上のPixelスマートフォンだけだが、キャリアとのパートナーシップは今後増やしていく予定だ。また対応機種に関しては、Samsung, Huawei, Sony, LG Electronics, HMD Global Oy(Nokia Phones), BlackBerry, HTC, Motorola, Honeywell, Zebra, Sonimなどと協働している。アメリカでは今後すぐにAT&T, Sprint, そしてT-Mobileがこのサービスをサポートする。ヨーロッパではBTおよびDeutsche Telekom、アジア太平洋ではSoftbankおよびTelstraとパートナーする。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))