Snapchatの新しいフィルターは、頭上の空を置き換える

次の記事

Instagram、月間アクティブユーザー8億人を突破、日間アクティブも5億人に

Snapchatの最新AR(拡張現実)機能は、写真を撮る時に顔ではなく、世界に向かって働く新技術だ。”Sky Filters” と呼ばれるその機能は、画像内の空を自動的に検出し、全く別の景色に書き換えてしまう。

この新しいフィルター群は今日からiOSとAndroidで配布されるとSnapchatは言っている。毎日エフェクトが入れ替わり、バーチャル天気、日の入り、星空、虹、暗雲など様々な空のフィルターがある。

このフィルターは、Snapchatがフレーム内に空があることを認識すれば、ほかのフィルターと同じように使うことができる。

Snapchatは、様々なARの新機能を投入しており、最近では周囲とやりとりするアニメーション3D Bitmojiや、ユーザーのまわりにバーチャル物体やエフェクトを追加するWorld Lensesも今年公開した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook