ProsperWorks
CRM

GoogleのG Suiteに貼りつくことで使いやすいCRMを実現するProsperWorksがシリーズCで$53Mを調達

次の記事

動きをトラッキングするハイテク衣服、東大発ベンチャーXenomaが2億円調達

G Suiteとの統合化など、Google製品を軸とするCRMツール集合ProsperWorksが、Norwest Venture Partners率いるシリーズCのラウンドにより、5300万ドルを調達した。このラウンドには、GV(元Google Ventures)も参加した。これで同社の総調達額は8700万ドルになり、ProsperWorks自身の言葉によると、ここ10年間のCRM企業の中では資金調達額が最大だそうだ。

ちょうど1年前にProsperWorksは2400万ドルのシリーズBを発表しているから、確かに投資家たちに人気のある企業だ。CEOのJon Leeによると、彼はProsperWorksをSalesforceにとって最強の挑戦者にしたい、という。彼はこう言っている: “われわれは、グローバルな生産性向上のために重大な意味のある大きな問題を解決している。CRMは1兆ドルあまりの売上実現に貢献し、アメリカのGDPの5.5%に寄与しており、CRM自身の市場は400億ドルに達する。しかしながら、Forresterによると、それを使おうとしない人が多いために、CRMの47%は業績が低迷している”。

ProsperWorksは長年、CRMのシステムを使いやすくして、そのサービスの採用企業が十分な価値を得られるようにすることを、ミッションとしている。GoogleのG Suiteとの深い統合によりGoogleのプロダクトみたいなルック&フィールにしてしまうのも、‘使いやすくする’の一環だ。またそうすることによってユーザーは、自分のさまざまなプロダクティビティアプリケーションとCRMとのあいだで、しょっちゅうコンテキストを切り替える面倒な手間からも解放される。

今度の新たな資金の充当先は、チームの人員を倍増して製品開発を加速し、またいくつかの特定業種向けの新たなソリューションでサービスを充実強化することだ。そのほかに、国際展開も考えている。

現在のユーザーに対していちばん重要と考えているのは、デザインの刷新だ。Leeは今日の発表声明でこう述べている: “Appleがモバイルに対してやったことを、われわれはCRMに対してやりたい。ユーザーインタフェイスを完全に新しくして直感性を高め、その意味や価値が即座にわかるようにしたい”。またCRMの標準的なワークフローのさらに多くを自動化し、そこから集めたユーザーデータを機械学習のアルゴリズムにフィードして、より使いやすいツールにしていきたい、ということだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))