Amazonは沢山の製品を発表したが、私が欲しいのは新しいKindleだ

次の記事

安全なメッセージングサービスSignalがアップデートしてユーザーのアドレス帳の守秘性をアップ

Amazonは今日(米国時間9月27日)、本当に沢山の新製品を発表した。それら全部を覚えてはいないけれど(おそらく魚があったような気さえするが)、一連の発表に明らかに欠けていたものがある:Kindleだ。Amazonの電子書籍リーダーは長期に渡り実績を上げていて、後継機種が出るたびに何らかの改善が施されてきた。しかし最後の大きな変更は昨年の6月のことだったし、私のお気に入りのOasisがリリースされたのは昨年4月のことだ。

通常はAmazonは、新しいKindleハードウェアを年に1回のペースで発表していて、1年の半ばごろにはしばしばスペックアップや、特定のマーケット向けの素敵な追加(例えば昨年10月の日本向けPaperwhite「マンガモデル」など)を行なってきた。しかし2017年の私たちは、Amazonのeインク製品という意味では見捨てられたままだ。一方Echoには惜しみない注目が集まり、スタイルやファッションに焦点を当てたモデルや、ベッドの脇からこちらを見ているモデルなどの、様々なバリエーションが提供されているというのに。

Amazonが今日、沢山のプロダクトを発表するイベントを開催すると聞いて、私は喜んだ。Alexaを車やトロフィーに組み込もうという大騒ぎの中に紛れて、おそらくはKindleに関する何らかの発表があるだろうと期待したのだ。新しいPaperwhiteとか、防水機能がついた奴とか、せめてページめくり速度が改善されたバージョンとか。

しかし、私たちが手に入れたものはEcho Buttonだ。さらには旧来の固定電話回線に、スマートに接続できるデバイスも手に入れた。しかしAmazonだけが提供できる、電子ペーパーの驚異を見ることはできなかったのだ。

いやまだ間に合う。ホリディショッピングにはまだ2、3ヶ月あるし、みんなKindleをプレゼントで貰いたいと思っているんだよ、Amazonさん。特にDarrellは、愛する人たちからの贈り物としてKindlesを受け取るのが大好きなんだ。Darrellのクリスマスを台無しにしないで欲しいな、Amazonさん。お願いだから。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)