Google Cloud Platform の導入・運用支援を行うクラウドエース、WiLなどから4.5億円を調達

次の記事

社名変更で「加速するタイミング」、クラウドファンディングのMakuakeは地方と世界を目指す

Google Cloud Platform の導入や運用をサポートするクラウドエースは10月5日、複数の投資家に対する第三者割当増資により総額4.5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。引受先はWiL、TOKAIコミュニケーションズ、TBSイノベーション・パートナーズ、みずほキャピタルを含む5社。今回の資金調達で、クラウドエースの累計調達額は5億円を超える。

Google Cloud PlatformはGoogleがクラウド上で提供する複数サービスの総称だ。ユーザーとなる企業は、ストレージやビッグデータ解析、機械学習などGoogle社内でも使われているコアなインフラや技術を活用し、自社のシステム環境を構築できる点が特徴。日本国内でも任天堂や全日本空輸などで活用されている。

クラウドエースではGoogle Cloud Platformを活用したい企業に対して、導入から実際の運用までをサポートしている。同社はもともと吉積情報が2014年の7月から行っていたGoogle Cloud Platformの販売・運用事業を独立させる形で、2016年11月に設立された。

クラウドエースの代表取締役である吉積礼敏氏は、今回の資金調達を踏まえて「より一層AIやビッグデータ分野に対する投資を行い、GCPをより簡単に安心して素早く利用できるようなツール開発や人材教育などの体制全般を構築してまいります」とコメント。運用サポート体制を強化することに加え、Google Cloud Platformを補完するようなツール開発にも力を入れていくという。

TechCrunchではつい先日も、Salesforceの提供するマーケティングオートメーションツール「Pardot」の導入支援を行うtoBeマーケティングが4億円を調達したことを取り上げた。同社もSalesforceが開発するサービスの導入・運用をサポートしながら、それを補完する自社ツールを合わせて提供することで500社以上の顧客を獲得している。

テクノロジーの発展に伴い、強力なツールが次々と登場する今の時代。他社が開発したツールを上手く使いこなせるようにサポートしていく“ベンダー”的なスタートアップも、今後は増えていくのかもしれない。