Bluetooth
ロジクール

ロジクールCraftは最高のキーボードだ――カスタマイズできるダイヤル入力のボーナスつき

次の記事

パシフィック・リムの続編、アップライジングの予告編が来た

Logitech〔ロジクール〕のキーボードは機能豊富でデザインも優れているので私も長年使っている。しかし今回の新しいCraftキーボードは私にとって過去最高のLogitechプロダクトになるかもしれない。Craftには「クリエイティブ入力ダイヤル」と呼ばれるツールが設けられており、ユーザーが利用するソフトウェアに応じてさまざまなカスタム機能が設定できる。もちろんキーボード自体もタイピング・ツールとして最高水準だ。優れたクラフツマンシップを評価するユーザーにとって日々の利用にもっとも適したキーボードではないだろうか。

Craftは価格も200ドル以上とプレミアム・レベルだ。もちろん真のキーボードマニア、特にメカニカルキーのタッチを信奉するユーザーにとっては、200ドルはさして高価ではないだろう。しかしLogitechのユーザーの大多数にしてみれば、いかに利用時間の長いアクセサリーとはいえ、躊躇する価格かもしれない。しかしCraftにはその価格以上の価値がある。快適にタイプ入力したいなら有利な投資だ。しかもクリエイティブダイヤルなど実際に作業の効率をアップする便利な機能が多数付属する。

外見上Craftの最大の特長は利用するアプリに応じてカスタマイズできるクリエイティブ・ダイヤルだが、その設定は自動的に行うことができる。専用ソフトウェアをインストールしておけば、ユーザーがその時点で使っているアプリケーションを自動的に検出し、カスタム機能を自動的に切り替えてくれる。このダイヤルはオーディオのボリューム・コントロールの場合はクリックを繰り返すように段階的に作動する。写真を編集する際に露光や色味を変更する場合はアナログダイヤルとなりスムーズに無段階の調整ができる。これは実際の作業にあたって非常に便利だ。

  1. 147a4316.jpg

  2. 147a4313.jpg

  3. 147a4312.jpg

  4. 147a4311.jpg

しかしダイヤルだけでは200ドルのキーボードを購入する動機にはなりにくいかもしれない。しかしこのキーボードにははるかにたくさんの優れた機能がある。たとえばずっしりした重量があり、どんなに急いでタイプしても不用意にずれることがない。またLogitechのイージースイッチ機能が内蔵されているため、Bluetoothを通じて3台までのデバイスとペアリングしておき、ボタン1つでそれらを切り替えて使用できる。

キーボードにはテンキー、矢印キーが含まれており、環境光によって照度を変えるバックライトがキーを光らせる。充電はUSB-Cポートを用いる。同一のキーがCommandとStartを兼ねるのでMacとWindowsの両方を使うユーザーには非常に都合がよい。

Craftキーボードにアップグレードすべて最大の理由はやはりタイピングの感触が優れていることかもしれない。キートップはわずかに凹面になっており、適度に指先を安定させる。キータッチ、キーストロークも適切だ。Appleの標準ワイヤレスキーボードよりストロークが深い。キーボードのフィニッシュも満足感をあ与える。表現しにくいが、マット仕上げのキートップは指に吸い付く感触がある。ユーザーが毎日何時間もキーを叩くような仕事をしているなら、こうした小さな点も大きな意味を持ってくるだろう。

〔日本版〕Logigechは商標登録の関係で日本ではロジクール・ブランドとなる。Amazonから購入する場合は23,316円。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+