「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の予告編はレイとカイロ・レンが中心

次の記事

外見ではなく“価値観診断”で新しい出会いを、ミクシィ子会社クトの新マッチングアプリ「Pancy」

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の最初の予告編は、ついにルーク・スカイウォーカーの声を再び私たちに聞かせて安心させてくれた。たとえそれがジェダイの終わりを告げるものだとしても。

サッカーに合わせて月曜日の夜に公開された)新しい予告編は――基本的には、次の世代のシスと(おそらく)ジェダイとなる――アダム・ドライバー演じるカイロ・レンと、デイジー・リドリー演じるレイを中心に描いている。

さて、それを見るべきだろうか?この記事を読むような読者なら、既に気持ちは決まっているかもしれないが、脚本家で監督のライアン・ジョンソンは、「もし本当にクリーンな気持ちで見たいなら」この予告編は見ないほうが良いと言っている。

悩ましいね。もしクリーンな気持ちで見たいなら、これは避けたほうがいいかな。
でもと〜〜〜っても良いんだな、これが ..

まあ私のようなフツーのスター・ウォーズファンの目からは、特にひどいネタバレだとは思えない。しかし、大物を暗示させるキャラクターの登場と、おもわず興奮の叫び声が上がった短い戦いのシーンがあった。
12月15日の公開に向けてチケットは既に発売中だ。 実際、TechCrunchのスタッフの何人かは、既に購入済だ。

私の言ったことは全部忘れて。見よう、見よう、見よう。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)