Face ID用のカメラが次のiPad Proには載るらしい、Touch IDと併用か

次の記事

Apple、セクハラ疑惑のワインスタイン監督作品を配信中止

iPhone XのFace ID機能が、2018年発売のiPad Proにも載る、とKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuoが報じている。

MacRumors9to5macが報じた、投資家宛のメモによると、TrueDepth Cameraシステムはその年の内にすべての“ハイエンドの”iOSデバイスで可利用になる、という。

しかしそれは、むしろ当然だろう。iPadのエッジツーエッジディスプレイは差し迫った要望ではないし、技術的難題でもない。Kuoは何も言っていないが、ディスプレイ前面はノッチアップトップ(notch up top)ではなく、もっとふつうの丈夫な配列になるだろう。

そしてそんなデバイスは、Face IDとTouch IDの両方のハードウェアを載せられるだろう。iPhone Xは、Face IDによるセキュリティのみだ。しかしタブレットは、スマートフォンのように顔に直面する使い方でなく、平面上に置く使い方もするから、そんなときFace IDは体をかがめて顔を接近させなければならない。だからTouch ID併用が、正解だと思う。

なお、AppleはTrueDepth Cameraの全容をまだ明らかにしていない。モバイルデバイスは、そのごく一部のユースケースにすぎないだろう。でもFace IDでApple Payをアンロックするようになれば、iPad Proのセキュリティは向上する。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))