Oculus、イベントで199ドルのモバイルVRを発表

次の記事

マテル、実際の昆虫から発想した折り紙風昆虫ロボットをリリース

OculusはサンノゼでOculus Connect 4イベントを開催し、FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグが新しいモバイルVRヘッドセット、Oculus Goを披露した。

ザッカーバーグによれば、「これまででもっとも手軽に使えるVRヘッドセット」ということだ。価格は199ドルからで、来年早々に出荷が開始される。機能や使い勝手はGear VRに近いものになる。ユーザーは周囲を見回せるが自由に移動できるわけではないようだ。

FacebookのVR担当副社長、Hugo Barraは「このデバイスはデベロッパーがVRを開発する入り口としても最適」と説明した。また軽量であるため「かけ心地がきわめてソフト」だという。レンズはRiftとほぼ同様の視野を確保する。またGear VRのものに似た小型のコントローラーが付属する。

Oculus GoにはWQHD規格の液晶によるfast-switchディスプレイと臨場感が高いスペイシャル・オーディオが装備される。コンテンツはすべてGear VRと互換性がある。バッテリー駆動時間などのスペックについては現在のところ情報がない。デベロッパー向けキットは11月に出荷される。

Oculusが独自の低価格スタンドアローン・ヘッドセットを発表したことは、現在提携しているSamsungのGear VRへの依存を減らし、ローエンドのVR市場でのフリーハンドを広げる。Facebookが新たなユーザーを開拓する助けとなりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+