トロント
カナダ

Alphabet子会社のSidewalk Labsが、トロントのウォータフロントを理想のスマートシティにする

次の記事

新アカウントタイプDropbox Professionalはフリーランサーやクリエイティブに便利な機能を揃える

スマートシティテクノロジーに力を注ぐSidewalk Labs(Alphabetの子会社)は、トロントの東部ウォータフロント地区に完全な多目的のコミュニティを構築しようとしている。最先端の建築技術、自動運転、天候を活かしたエネルギーシステム、その他のイノベーションを使って、生活地域をゼロから構築するのだ。もちろんコネクテッドテクノロジーに焦点を当てて、手頃な価格でアクセスできることも目標である。

これは明らかに野心的なプロジェクトだが、基礎作業のいくつかは既に先行している:(アルファベットの子会社の)Googleは、”Quaysaide”と呼ばれるこの新しい地区に居を構えて、東部ウォータフロントの旗艦テナントとなる。そしてSidewalk Labsはトロント市と提携して、パイロットテストと計画を開始するために、5000万ドルを拠出した。

Sidewalk Labsは、Waterfront Trontによって発行された提案依頼書(RFP)に応じた契約を締結済みだ。Waterfront Trontとは、カナダ連邦政府、オンタリオ州政府、トロント市が共同で構成している組織で、トロントの湖畔地域の開発を促進することを目的としている。気候の変動を意識し、市民が効率よく移動できることを考慮しながら、市街地の広がりを計画するのだ。

RFPに記載された、Sidewalk Labsが行政との共同プロジェクトで関わるエリアは、およそ324ヘクタールの広さに及んでいる(このうちの4.9ヘクタールは最初に用途が決められている)。そしてこれは現在開発中の北米最大の都市エリアである。これはスマートシティを最も初期段階から構築したいと考えるSidewalkの野望に対する良いターゲットとなっている。Sidewalkの発表によれば、最終的には、計画のパートナーたちはこのエリアを「何千人もの人々が暮らし、仕事をし、学び、遊び、そして街の生活を改善する新しいアイデアを創り、進めて行く場所」に変えたいと願っている。

Googleはそのカナダ本社と、およそ300人の従業員を、対象地区内の新しい事務所に移転させる予定だ。そして道路工事を含む、洪水を防ぐインフラストラクチャや、その他の必要な建築物は、市、州、連邦政府が共同で出資する12.5億ドルのファンドで賄われる。

居住者たちとステークホルダーたちを集めたコミュニティタウンホールでのキックオフイベントが、11月1日に予定されている。このニュースは、AlphabetのチェアマンであるChairman Eric Schmidtが、Sidewalk Labs CEOのDan Doctoroff、カナダ首相のJustin Trudeau (そう、夢想家の彼だ)、オンタリオ州知事Kathleen Wynne、そしてトロント市長のJohn Toryたちと共に、開発地区近くで開催した記者会見で発表した。

タウンホールイベントが重ねられるに連れて、この地域に対する計画はさらに明らかになって行くことだろう。そしてSidewalkは現地の意見を取り入れていく予定だが、このAlphabetの子会社はその目標を以下のように述べている「私たちはこの星を守るために、エネルギー、廃棄物、およびその他の環境課題に対する革新を目指しています:例えばそれは個人所有の車よりも、より手頃で、安全で、便利な様々な移動手段。建物の変化を前提として家や店舗のコストを削減する新しい建築手法。家族の訪問を歓迎し、夜も昼も、1年を通して楽しめる公共スペース。そして誰に対してもプライバシーとセキュリティを損なうこと無く、デジタルテクノロジーとデータで進化した場所などです」。

これは間違いなく、既にシリコンバレーの外では世界で最も活気に溢れ活動的なトロントの街の、テクノロジーとスタートアップシーンを加速することになるだろう。そうした加速こそが、トロントがSidewalkと一緒にプロジェクトを始めたいと思った、大きな理由の1つなのだろう。市はこの地域におけるGoogleによる投資とプレゼンスの強化をずっと望んでいたように思える。Google は現在、カナダ国内の様々なオフィスに、1000人以上の従業員を抱えている。

トロントの、新しいAlphabetシティに関するアナウンスのライブストリーム映像は、以下で見ることができる。


原文へ
(翻訳:sako)