HTTPS

GoogleがWebのHTTPS化の進捗状況を報告、日本の採用率は31%から55%にアップ

次の記事

本のフリマアプリ「ブクマ!」運営のLabitメンバーがメルカリに参画、子会社で新サービスも予定

安全でないHTTP接続を指摘/警告するというGoogleのセキュリティ努力は、功を奏しているようだ。同社の今日(米国時間10/20)の発表によると、Android上のChromeのトラフィックはその64%がHTTPSで保護されており、昨年の42%に比べて大幅に増加した。またChromeOSとMacは共に75%あまりのトラフィックが保護され、それぞれ昨年の67%、60%からアップした。Windowsのトラフィックでは、51%から66%へ上がった。

またアクセス数上位100のWebサイトのうち71が、デフォルトでHTTPSを使用しており、昨年の37からほぼ倍増した。

アメリカ全体では、Chrome上のHTTPSの使用は、59%から73%に上昇した。

(より詳細な図表はGoogleの透明性レポートのこのページにある。)

全体としてこれらの数字は、HTTPSへの切り替えが急速に進んだことを示している。これもHTTPを危険視するGoogleの、熱心なキャンペーン努力のおかげだろう。

パスワードやクレジットカードの情報など個人情報を求めるサイトがHTTP接続を使ってる場合、そのことをChromeブラウザー上で指摘する、とGoogleが発表したのは1年あまり前だ。その後、それはさらに広がって、個人情報に限らずユーザーが何らかの入力をするHTTPサイト、そしてChromeの匿名モードも対象になった。

“HTTPSの実装は前に比べてずっと容易かつ低コストになった。しかもそれはWebのベストパフォーマンスと、HTTPでは危険すぎてできなかった新しい機能の提供を可能にする”、と当時の発表の中でChromeのセキュリティチームのEmily Schechterが書いている

Googleによると、HTTPSの採用は世界的にも増加している。たとえば日本の大型サイトRakuten, Cookpad, Ameblo, Yahoo Japanなども最近採用した。Windows上のChromeによる計測では、日本のHTTPS採用率は31%から55%にアップした。

そのほかの国でも採用が増え、たとえばブラジルでは採用率が50%から55%に上昇した。

もちろんそれは、Googleだけの功績ではない。AppleやFacebookなどの大手テクノロジー企業も、同様の努力をしている。たとえば昨年のAppleは、iOSアプリへのインターネット接続をHTTPS接続にするようデベロッパーに強制した。またFacebookのInstant ArticlesはHTTPSでサーブされている。FacebookがHTTPSを全ユーザーのデフォルトにしたのは、2013年だ。

Googleは今日の発表で、今後はほかの方法でもHTTPSの採用をプッシュする、と言っている。それはたとえば、最近発表したGoogle App Engineのための管理を伴うSSLだ。またGoogleのトップレベルドメインは今後すべて、デフォルトではHSTS(HTTPS Strict Transport Security)で保護される〔リクエストURL中のhttpを強制的にhttpsに換える〕。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))