iPhone Xは11/3からAppleストア店頭にも並ぶ――ただし品薄で行列は必至

次の記事

「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

iPhone Xの発売に関して品薄になる可能性が指摘されていた。しかし今朝(米国時間10/24)、Appleはプレスリリースを発表し、この超プレミアム・スマートフォンがAppleストアの店頭にも並ぶことを約束した。出荷日当日の朝、予約なしの飛び込みでもXを買えるということだ。しかしAppleでは「早い時間に来店することをお勧めする」としている。つまり行列しろということだろう。

Appleの「お勧め」はこの1000ドルのiPhoneが当初品薄になるという情報が正しかったことを裏付ける。先週われわれも報じたように、Appleでは11月3日のローンチ日に200万台から300万台を用意できる見込みだ。

Xはベゼルが事実上ゼロで、手ブレ防止機能つきのカメラ2台が装備されるなど他のiPhoneに比べてさまざまな部分がグレードアップされている。正面向きカメラには顔認証でアンロックできるFace IDが初めて採用された。Xにはユーザーの表情を読み取ってリアルタイムで3Dアニメに変換するAnimoji機能もある。

Xの生産台数が不足しそうな理由はサプライチェーンにあるという。画期的な新デザインのためメーカーは苦労しているらしい。こういう高価な製品を衝動買いしたくないユーザーは今週金曜、午後12:01からAppleサイトで予約をするとよい〔日本での予約受付開始は10月27日(金)午後4時01分から〕

iPhone Xへの需要はいくつかの理由で制限されそうだ。ひとつは上に述べた製造上の困難と高価格だが、Appleがリリース時期を他のモデルと大きくずらしたことも一因となる。iPhone 8が市場に出てからすでに1か月たつ。Appleは製造の難しさを考慮してこの時期としたのだろうが、iPhone 8はXの販売台数にかなり食い込んだはずだ。

Appleストアに並んで店頭で買うのが品薄のiPhone Xを入手するのにいちばん早い方法だろう。もちろんdパパがAppleで働いていれば別だが。

〔日本版〕Appleでは日本でも「11月3日(金)より店頭での販売を開始」するとしているが用意できる台数は少ない見込み。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+