月額980円で1日1杯カクテルが無料で飲める「Foobe」がβ版リリース

次の記事

Facebookもついに4Kビデオをサポート

毎日記事を読んでくれているTechCrunch Japan読者のなかには、以前僕たちが紹介したアメリカ発のサービス「Hooch」をご存知の人もいるかもしれない。月額9.99ドルを払えば、提携店舗で1日1杯だけカクテルを無料で飲めるというサービスだ。

Hoochは2016年10月に150万ドルの資金調達を実施していて、そのことをTechCrunch Japanでも翻訳記事として伝えていた。その記事を担当したのは僕なのだけれど、「こんなサービスが日本にもあったらな」と思っていたことを覚えている。

そうしたら、本当に日本でも同様のサービスが登場した。10月25日よりβ版をリリースする「Foobe」だ。

Foobeは、月額980円で提携店舗のカクテルが1日1杯無料で飲めるというサービス。β版リリース時点での提携店舗数は約15店舗で、東京の渋谷駅周辺にあるダイニングバーやカジュアルレストランが中心だという。

以下が提携店舗の一部だ:

Foobeは月額料金をユーザーから受け取る一方で、提携店舗からのいわゆる“掲載料”は受け取らないというビジネスモデル。提携店舗は無料でカクテルを提供しなければいけないが、Foobeに加入することで集客向上やプロモーション効果を狙うことができる。

ちょっと調べてみたところ、提携店舗のカクテルは600〜800円程度の料金のものが多かった。だから、ユーザーにとっても月額980円というのは魅力的な値段設定なのかもしれない。月に2〜3回程度利用すれば、ペイできる料金だ。

Foobe取締役COOの岩井恋真氏は、「日本の飲食業界には、大手グルメサイトの掲載料に対する費用対効果が不透明だという問題点がある。掲載料を受け取らないモデルのFoobeはそれを解決し、ユーザーにはお店を『発見』する喜びを感じて欲しいと思う」と語る。

Foobeは2017年7月の設立。同社は今年度中までに提携店舗を100店舗まで拡大することを目指し、年明けにはFoobeのスマホアプリをリリースする予定だとしている。