スワイプでアプリを切り替えるiPhone Xビデオ――ホームボタンなしでも素早い操作可能

次の記事

任天堂のAnimal Crossing〔どうぶつの森〕は楽しい――モバイルにポケットキャンプ登場予定

iPhone Xのリリースが迫ってきた。公式に許可を得たかどうかは不明だが、Xの新機能を示すビデオがあちこちにアップされ始めている。下にエンベッドしたのはiPhone Xでアプリを切り替えるところだ。

iPhone Xでのアプリの切り替えは非常にスムーズ 

iPhone Xにはホームボタンがない。そこでAppleのエンジニアはアプリの切り替えを含めてコントロールの方法を大幅に変更する必要があった。ホームボタンのあるiPhoneではユーザーはホームボタンを2度押しすることでiOSに作動中のアプリをカード方式で表示させ、その後スワイプでアプリを切り替えることができる。iPhone Xではユーザーインターフェイスはもっと直感的なものになっている。

上のビデオが示すように、iPhone Xでアプリを切り替える際には、ユーザーは弧を描くようにスワイプすればよい。iPhone Xのユーザーが直線ではなくアーチ形のスワイプをすると、現在のアプリは脇に押しやられ、前に使っていたアプリが順に表示される。つまりカルーセル(横移動)方式だ。

もちろんアプリの切り替えはこれが唯一の方法ではない。ユーザーがホームスクリーンで上にスワイプするとホームボタンがあるiPhoneでホームボタンを2度押したときと同じような画面が立ち上がる(Palm Preがこの方式だった)。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+