決算報告
california

IntelのQ3決算はアナリストの予想をあっさりと上回り、とくにチップの多様化専用化で稼ぐ

次の記事

Apple、Salesforce、PayPalが、ウェディングケーキ裁判でLGBT支持を表明

本年第三四半期のIntel Corp.は、アナリストたちの予想をゆうゆう上回る数字によって、この世界的かつ支配的なチップメーカーがこのところ他社に後れを取っているという界隈の懸念を払拭した。

IntelのCEO Brian Krzanichが声明文で述べている: “第三四半期の業績は好調で、全分野で強力な結果が得られた。本年は弊社にとって記録的な年になると思われる。そう言えるほどの大きな前進と未来展望に、私は心躍らせている。人工知能や自動運転などの分野で従来よりも多くのイノベーションが進展しているためIntelは、これまでで最強の製品ラインナップを揃えることができている”。

同社が発表した調整済みの決算報告では、EPSはThomson Reutersのアナリストたちが予想した80セントに対し1ドル1セントになった。売上は予想157億3000万ドルに対し、実績161億ドル5000万ドルである。収益は前年同期比34%増の45億2000万ドルだった。

Intelの株式は今週、マーケットに火を着け、その週だけでも14%上がった。さらに終了後にも1%の上昇を見た。

これらの数字は、これまでの中核的ビジネスだったパーソナルコンピューティングの次を目指す、というIntelの戦略転換が功を奏し始めていることの兆しだ。

同社のデータセンター事業や、中核的なメモリ事業、それに物のインターネット(IoT)事業はいずれも今四半期の売上の急伸に貢献した。

とくに重要なのが“Programmable Solutions Group”と題された項目で、これはIntelの未来に最大の貢献をすると思われる分野だ。…これには、自動運転車や人工知能向けチップなどが含まれる。

このグループは売上が10%伸びて4億6900万ドルを記録した。IoT部門は23%増の8億4900万ドル、不揮発性メモリソリューショングループは37%増の4億6900万ドルを記録した。

—この稿続く—

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa