東大発コスメの口コミアプリ「LIPS」30万DL突破、運営元が7600万円の資金調達

次の記事

Apple、今週の決算報告で1兆ドル企業に名乗り

コスメの口コミアプリ「LIPS」を提供する東大発のスタートアップAppBrew。同社は10月30日、ANRISkyland Venturesフリークアウト代表取締役社長の佐藤裕介氏、PKSHA Technology代表取締役の上野山勝也氏、ほか個人投資家を引受先とした総額7600万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした(実施は5月)。アプリはリリースから9カ月で30万ダウンロードを達成したという。

LIPSの特徴は「よりSNSに近い」使用感だろう。気になるコスメの口コミを探したり、使ったコスメの口コミをシェアすることができるのは、従来のサービスやアプリと同様だが、口コミやコミュニケーションの内容はYouTubeのコスメ動画やInstagramの投稿に近い。他のユーザーのフォローや、口コミにコメント・いいねを付けることができ、気になった商品や口コミは「クリップ機能」で保存しておくことも可能。気に入った商品の購入は、基本的にはAmazonやYahoo!ショッピングなどの外部サイトへ移動して行う。

ユーザーランキングの上位には人気のコスメYouTuberも。10代20代を中心に利用が広がり、現在アプリ内の口コミ投稿は16万件を超えるという。ダウンロード数は冒頭にあるとおり、約9カ月で30万ダウンロード。10月21日にはApp Store無料アプリの総合ランキングで1位を獲得した。

AppBrew取締役の松井友里氏は「主に開発体制の強化と採用に投資していく」と調達資金の用途について説明する。また現在、収入源となっている商品販売のアフィリエイトだけではなく、「広告など、アプリ内でマネタイズできる仕組みも取り入れていく」と松井氏は話している。