トランスリミットから2年ぶりの新作ゲーム「Craft Warriors」、総額3億円の資金調達も発表

次の記事

ドナルド・トランプの盟友ロジャー・ストーン、Twitterアカウント凍結

人気スマートフォンゲーム「Brain Wars(ブレインウォーズ)」「Brain Dots(ブレインドッツ)」を生み出したトランスリミットが、2年3カ月ぶりとなる新ゲームタイトルをリリースした。10月30日に、ニュージーランドで先行配信が開始されたのは、スマートフォン向け戦略ゲームの「Craft Warriors(クラフトウォリアーズ)」。LINEとの共同提供で、企画・開発・運営はトランスリミットが、マーケティングをLINEが担当する。

Craft Warriorsは、街の修繕・強化を行いながら、部隊編成、武器の強化などを行い、他のプレーヤーと戦うリアルタイムストラテジーゲーム。3Dモデルを作成できる「クラフト機能」を搭載していて、自分だけのキャラクターやフラッグなどのアイテムが作れるという。

トランスリミットは、2014年1月、サイバーエージェント出身のエンジニア2人が中心となって設立したスタートアップ。2014年5月に初プロダクトとしてローンチした対戦型脳トレアプリのBrain Wars、2015年7月にリリースされたお絵描きパズルゲームのBrain Dotsはいずれも1000万ダウンロード超の人気ゲームとなり、累計で5000万ダウンロードを突破している。海外利用者の比率は95%を占めるそうだ。

トランスリミットでは、Craft Warriorsリリースの発表と同時に、グローバル・ブレインが運営するファンド、およびSkyland Venturesから総額3億円の資金調達を実施したことも公表している。今回の調達は、MOVIDA JAPANおよびSkyland Venturesからのシード資金調達、LINEの投資ファンド、ユナイテッド、East Ventures、Skyland Ventures、Genuine StartupsからのシリーズAラウンド調達に続き、同社にとって3回目の資金調達となる。