Google、AirDrop対抗のファイルマネージャー、Files Goを提供へ

次の記事

今週16日・17日開催、「TechCrunch Tokyo 2017」の全プログラム

Googleは新しいモバイルアプリ、Files Goを近々公開しようとしている。Androidユーザーはモバイル端末上のファイルを(オフラインでも)簡単に転送できるようになり、必要に応じて端末のストレージも解放できる。アプリは12月始めから全世界で公開予定。

Files Goを最初に見つけたのは9to5Googleで、Play Storeにテスト用の早期アクセスプログラムの一つとして置かれていた。テストはすでに締め切られていたが、9to5Googleは説明書きとスクリーンショットからアプリの機能を垣間見ることができた。

基本的にFiles Goは、ファイルマネージャー、兼ファイル転送ツール、兼クリーンアップ・ウィザードのようだ。メイン画面には現在使用中のストレージ容量が表示されアプリのキャッシュを解放したり、チャットアプリなどで受信したファイルが蓄積されている場所を確認するためのツールがある。

別の画面には、画像、ビデオ、オーディオなどのファイルタイプごとのリストや、「受信済み」ファイルのセクションもある。

  1. google-files-go-2.png

  2. google-files-go-3.png

  3. google-files-go-1.png

  4. google-files-go-4.png

  5. google-files-go-5.png

Files Goのスクリーンショット/ 出典:9to5Google

各セクションではファイルを出所別にフィルターして、発見、アクセス、削除がやりやすくなっている。たとえば、カメラで撮った画像、スクリーンショット、チャットアプリで受信したファイルなどだけを表示できる。

もちろんGoogleはGoogleフォトの一機能としてクリーンアップツールをすでに提供しているが、Files Goは写真とビデオ以外にも対象を広げている。

そしてFiles Goで最も注目すべき機能はBluetoothを利用したファイル共有だ。ユーザーはオフライン状態でも他ユーザーとファイルを共有できる。これは同じくBluetooth経由で写真やビデオ、文書、連絡先などを近くのApple端末と共有できるAppleのAirDropをAndroid風にしたともいえる。
ただし、Files Goのスクリーンショットを見る限り、ファイルを送受信する際には両方のユーザーがアプリを開いておく必要があるようだ。

一部の報道はオフライン機能と”Go” のブランディングから、新アプリは途上国市場専用と推測している。Googleは、低価格端末用の軽量版AndroidをAndroid Goの名前で提供している。

しかし本紙は、Files Goは12月始めから全世界で公開されると理解している。

コメントを要求したところ、Google広報は以下の声明でアプリの存在を認めた

「当社はユーザーがスマートフォンを最大限に活用するための方法を常に探求しています。現時点で具体的に発表できるものはありません。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook