フォルクスワーゲンとGoogleが量子コンピューティングの応用で協業

次の記事

ダ大の研究者たちがアルミフォイルがWi-Fiルーターの出力を強化/制御できることを発見

コンピューターは、私たちの日常生活だけではなく、車も変えてきた。しかしGoogeとフォルクスワーゲンが締結した新しいパートナーシップは、これまで以上に移動そのものを変革することになるかもしれない。両者は協力して、量子コンピューティングを使い、車に関係するいくつかの基本課題を解決しようとしている。例えば交通の流れの最適化、機械学習をより知性的にすること、そしてバッテリーの課題に取り組み、航続距離の延長や充電時間の短縮を目指すことなどが狙いだ。

もちろん量子コンピューティングは、スイッチを切り替えるように上の問題を解決できる、魔法の万能薬ではない。しかし従来のコンピューターよりもはるかに効率よく計算を行うことが可能である。このため人工知能やシミュレーション実行などの、大規模な計算を扱うことには秀でている。Roadshowによれば、この協業によって、例えばEV充電スポットや空き駐車スペースの検索などを含めて、トラフィックの最適化を行うなどの様々なサービスの実現が考えられているようだ。

コンピューターのパワー不足は、自動運転の未来に不可欠な人工知能や、長寿命のEVバッテリを開発するために不可欠な基礎および応用材料科学の両者に対して、制約要因の1つになっている。

このパートナーシップは、現段階では研究に過ぎないが、将来的には様々な可能性を秘めている。特に自動車メーカーたちが、車両そのものではなく、都市の輸送と移動に対して注目をする未来では。

[原文へ]
(翻訳:Sako)