コネクティッド・ロック「TiNK」公開――アパマン連携で2021年までに100万台設置へ、メルチャリへの提供も

次の記事

横浜DeNAベイスターズがアクセラレータープログラム、新たなスポーツ体験の提供と横浜の活性化目指す

TiNKを持つTsumug代表取締役の牧田恵里氏

コネクティッド・ロック「TiNK」シリーズや関連サービスを手がけるtsumugは11月9日、シリーズ第1弾となるプロダクト「TiNK C」と「TiNK E」を発表、本日より発売すると発表した。

TiNK Cは住宅各戸の玄関ドアに設置するシリンダータイプ、もう一方の「TiNK E」は集合機に設置するタイプのコネクティッド・ロックだ。出荷は2018年の初頭を予定していて、それと同時に販売パートナーのアパマンショップホールディングスグループなどと連携し製品の普及を進める。

具体的には賃貸の空き物件への設置することで内見業務の効率化を始め、オーナーと入居者者双方へのサービス提供を推進し、2021年までに100 万世帯への設置を目指していく。

写真左が「TiNK C」、右が「TiNK E」

TiNK CはスマートフォンアプリのほかテンキーやNFCを活用して解錠でき、ワンタイムキーの発行機能やキーシェアリング機能、鍵を自動で施錠するオートセキュリティ機能などを備えて基本料金は月額500円。加えてオプションとして子供の帰宅を通知する機能や、独居老人の見守りサービスなども月額300円から提供する。

またLTE通信に対応しているため家やオフィスなどのインターネト環境に依存することがないのも特徴。今後はパートナーと連携したホームセキュリティサービスや宅配配達サービス、不在時の家事依頼サービスなどの展開も検討する。なお通信にはさくらインターネットが提供するIoT プラットフォーム「sakura.io」と、米afero(Androidの父・元Googleのアンディー・ルービン氏とスマホメーカー「Danger」を立ち上げたジョー・ブリット氏の会社だ)の提供する「afero」を採用しているという。

今回tsumugはTiNKシリーズの発表に合わせて新たに資金調達を行うことも明かした。金額など詳細は非公開だが、既存株主のiSGSインベストメントワークスに加えメルカリやシャープ、さくらインターネットらが新たに投資家として参加している(tsumugはシャープの量産アクセラレーションプログラムの第1号企業だ)。

メルカリが出資しているということが興味深いが、グループ会社のソウゾウが2018年初頭にサービス開始を予定しているシェアサイクル事業「メルチャリ」において、コネクティッド・ロックの共同開発などを行うとしている。