GoogleのAndroid用ファイルマネージャー、Files Go,、ベータ版公開

次の記事

ストリートビューから奇妙な継ぎ目が消える――Googleが画像ブレンド技術を大きく改良

今日(米国時間10/9)、GoogleはAndroid向けファイル管理アプリ、Files Goをベータ公開することを決めた。このアプリは少し前から公開のタイミングが注目されていた。GoogleはFiles
Goを12月にリリースする予定だったが、われわれも報じたように実機でベータテストが行われていることが判明し、公開のタイミングが早められたもようだ。Files Goはファイルマネージャー以外にも不要ファイルを整理してメモリーに空き容量を確保したりBluetoothe接続でオフラインでファイルを転送するなど便利な機能を含むツールとなっている。

GoogleはFiles Goが公開ベータに移行したことを今朝のツイートでそっと発表した。

Files Goのベータ版が発見されてしまったらしい :-)  そこでもう少し多くのユーザーにもテストしてもらえるようPlay Storeにアップすることにした。 

Googleはこっそりテストを続けるより、メディアに書きたてられたことをむしろアプリの宣伝に利用することにしたようただ。というわけでFiles Goは公開ベータとなった。

アプリは Google Playに “Files Go Beta: Free up space on your phone (Unreleased)”として公開されている。

アプリの説明には、「Files Goのベータ版は、ユーザーの携帯電話上のファイルを整理し、スペースをクリーンアップするのに役立つ」とある。その他、ジャンクや重複している写真を選択して削除する、オフラインでファイルを共有する、削除候補としてほとんど使ったことのないアプリを表示する、などの機能もある。

ダウンロードのサイズは6MBと比較的軽い。

当初、Files Goは接続環境が貧弱な途上国市場向けのアプリではないかと推測されていたが、全世界向けのメインストリームのアプリとなることが判明した。現在のバージョンはベータであり「動作が不安定な可能性がある」と注意されている。正式公開は12月が予定されている。.

Files GoはGoogle Playから無料で入手できる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+