Apple、来年次世代iPhone X Plusなど3機種発表へ――台湾のアナリストが予測

次の記事

続くファンド組成、エンジェル台頭、ハイテク領域への注目——2017年の投資動向をTC Tokyoで学ぶ

台湾のKGI証券の著名なAppleアナリスト、郭明池(Ming-Chi Kuo)は来年のiPhoneを分析する新しいレポートを発表した。郭によれば、2018年にAppleはiPhoneの新しいモデルを3種類発売する。3モデルとも上部に切り欠きをもつ全面ディスプレイを備えるという。

郭によれば、iPhone Xの後継モデルはサイズ、形状とも現行とほぼ同一でディスプレイは5.8インチ、画素密度は458ppiだという。これは現行iPhone Xと全く同一のスペックだ。

しかし5.8インチより大きいディスプレイを望むユーザー向けに、Appleは6.5インチ・ディスプレイ版を用意していると KGIは予測している。液晶にはOLEDが用いられ、 解像度は480-500ppiと現行iPhone Xを上回る。つまり、iPhone X Plusの2世代目だ。

さらにAppleはこうした1000ドル超のハイエンド・モデルだけでなく、iPhone 8の後継モデルも出荷するという。新しいiPhone 8にはiPhone Xに導入された新機能がいくつか用いられるはずだ。

この普及版(といっても絶対的には高額モデルだが)の価格は649ドルから749ドルで、やはり切り欠きのある全面ディスプレイが採用される。ただし、普及版にはOLEDは用いられず、通常の液晶となる。また解像度も320ppiから330ppi程度になるもようだ。

普及版には6.1インチのディスプレイが与えられる可能性もある。これはiPhone Xよりわずかに大きい。また Face IDや顔トラッキングのために必要なセンサーはすべて装備される。

Appleは新製品の開発を発売の数年前から開始するのが通例だ。 ただし郭明池のレポートはあくまで予測であり、100%正確だという保証はない。向こう数か月の間にAppleの2018年版iPhoneについてさらに詳しい情報が入ってくるはずだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+