Apple、HomePodの発売を2018年初めに延期

次の記事

暗号通貨100種類をリストアップ――4語以内で解説してみた

ようやくホリデーラッシュも終わりそうだ。Appleは高級スマートスピーカー HomePodが12月の発売予定日に間に合わないことを本日(米国時間11/19)発表した。同社の短い声明によると、製造プロセスが軌道に乗るために「もう少し時間が必要」らしい。

広報担当者はTechCrunchに、「Appleの画期的ワイヤレススピーカー HomePodを一日でも早く体験してもらいたい気持ちは山々だが、出荷できる体制までにはもう少し時間が必要。2018年の初めに米国、英国、およびオーストラリアで発売する予定だ」と語った。

もちろん、あわてて作るより少し余分な時間をかけて良いものを出すことは常に賢明な判断だだ —— ここ数年に無数のIT企業が学んできた教訓でもある。しかしこの遅れはAppleがホリデー商戦に向けて準備してきた商品にとっては痛手に違いない。350ドルのスピーカーはSiriを内蔵する初の家庭用デバイスで、AmazonのEchoやGoogleのAssistantのハイエンドのライバルになる。

われわれは6月のWWDCでAppleが発表したときに、このスマートスピーカーを直に体験する機会を得た。自由に使えたわけではないが、HomePodのサウンドは宣伝どおりのすばらしい出来映えで、360度オーディオが部屋いっぱいに広がった。この分野の先行商品と異なり、HomePodはスマートスピーカーのスピーカー部分に一番の重点を置いている。

最初の発表以来、ライバルたちが同じような製品を出してきているのはもちろんだ。Amazonは標準型Echoの新バージョンを発表、出荷し、ドルビーサウンドに2.5インチサブウーファーと0.6インチツイーターを搭載した。一方Googleは、もっと直接の競合となる399ドルのHome Maxを発表した。こちらは予定通り来月の出荷予定だ。

ほかにもSonyやJBLなどいくつかのサードパーティーから製品が出ている —— Harman Kardonにいたっては、Invokeで、あの気の毒なMicrosoft Cortanaをホリデー商戦の主役に仕立てようとしている。おそらく突然混雑し始めた土俵をみて、AppleはHomePodの準備にもう少し時間をかけた方がよいと確信したのだろ。

この動きは、昨年同社がワイヤレスイヤホンのAirPodの出荷を遅らせた決断を思い出させる(Googleも考えたことかもしれない)。当初10月に発売予定だったイヤホンが到着したのは12月になってからだった —— あのときはクリスマスにぎりぎり間に合った。

Appleは遅れの原因がハードウェアなのかソフトウェアなのか明らかにしていないが、同社の第一世代製品であることを踏まえるとさほど驚くにはあたらない。これは、Siriの活動場所が携帯端末やデスクトップ以外に移る始めての製品でもある —— 1台350ドルともなれば最初にキッチリさせておくことは重要だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook