AWSがAIを利用する企業顧客へのコンサルティング事業と高度な画像認識機能を発表

次の記事

Salesforceは今期も絶好調、新目標は年間売上200億ドル――トップ人事も発表

例年の大型カンファレンスre:Inventを来週に控えたAmazonのAWSが、人工知能関連の新たな展開を二つ発表した。まず、AWSは、機械学習のラボML Solutions Labを開き、機械学習のエキスパートと、AIによるソリューションを作ろうとしている顧客を結びつける。さらにAWSは、ディープラーニングによる画像認識APIベースAmazon Rekognitionの機能を拡充し、リアルタイムの顔認識と画像中のテキストを認識する機能を新たに加える。

新たなラボと画像認識プラットホームの拡充は、AmazonとAWSのAI推進努力の一環であり、社内利用とB2Bビジネスの成長材料の二面をねらっていると思われる。1か月前にAWSは、デベロッパーが自分のアプリケーションやサービスのために機械学習のモデルを構築し利用するためのディープラーニングライブラリGluonをMicrosoftと共同開発する、と発表した。

Amazonは昨年のre:InventでAWSのAIリソースのデベロッパー向け総合窓口Amazon AIを発表しているが、今年この時期(感謝祭の前日)にこれら二つの発表をしたということは、今年のre:Inventのための足固めか、それとも今年はAIにあまりハイライトを当てないことを意味するのか。

Solutions LabはAWSのBusiness Supportの顧客に提供されるが、これはAIだけでなく企業向けのコンサルティングサービスでもある点が興味深い。IBMのような企業ITの古顔企業では、コンサルティングサービスこそがつねに、ビジネス開拓の鍵を握っている。

Amazon AI担当のVP Swami Sivasubramanianはこう語る: “デベロッパーたちがAmazonのML Solutions Labで機械学習への取り組みを開始するのを、じっと待ってるわけにはいかない。Amazonが抱える機械学習の最良の科学者と実践者の専門的知識技能に、顧客の深いビジネス知識を組み合わせることによってのみ、AmazonのML Solutions Labは顧客元における機械学習の迅速な立ち上げを支援し、彼らの社内における機械学習の実用稼働をスタートできる”。

すでに、Washington Postや、Johnson & Johnsonの製薬部門Janssen、World Bank Groupなどが最初の顧客として確定している。

一方Rekognitionの新しい機能は、コンピュータービジョンにおけるAmazonの継続的進展を示すだけでなく、プロダクトとして外部の顧客が利用でき、Amazonの収益源にもなるという点が、強い姿勢として目立つ。

注目すべきは、Rekognitionの新機能のビッグな顧客のひとつがPinterestであることだ。画像による検索や分類はPinterestの最重要な機能だが、同社はそれを内製せずに外部のサービスやAPIを使おうとしている。

しかしPinterestはAWSにとって長年の顧客であり、AmazonのクラウドストレージS3の上には何百万もの‘Pin’が保存されている。だからAmazonがこのような大型顧客の便宜のために、画像中のテキスト認識機能を開発したとしても、おかしくはない。

PinterestのCTO Vanja Josifovskiがこう言っている: “Pinterestはビジュアル専門のプラットホームだから画像処理のスピードとクォリティーに大きく依存している。でも、画像中のテキストは、それらがコンテキストを提供し、Pinをアクションに誘うために、きわめて重要だ。画像中に興味深いテキストがあれば、われわれの2億あまりの‘Pinner’たちは、それへの何らかの反応を誘われるのだ。これからは、Amazon S3に保存されている数百万のPinsから、リッチなテキストを素早く取り出せることができるようになる。Pinterestのユーザーのユーザー体験とビジネスの高品質化と高速化のためにも、AWSとのパートナーシップをさらに発展させていきたい”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa