カリフォルニア州、Lyftに公道での自動運転のテスト許可

次の記事

Appleの今年の感謝祭CMは雪のプラハで踊るペア――AirPodsをフィーチャー

カリフォルニアの公道で自動運転車のテストの許可を得る会社は急速に数を増している。Axiosによれば、このほどカリフォルニア州自動車局のリストにLyftが加わえられた 。これは今年に入ってLyftが自動運転テクノロジー開発センターを開設したことを受けた動きだろう。開設時の声明によれば、このセンターは独自の自動運転テクノロジーの開発と同時に自動車メーカーその他のパートナーとの提携も探っていくということだった。

Lyftがカリフォルニア州当局から自動運転車の公道テストの許可を得たということは、同社が自社車両で自動運転のテストを間もなく開始することを意味するのだろう。Lyftはこれ以前、自動運転テクノロジーを有するいくつかのパートナーと共に独自の自動運転プラットフォームを立ち上げるためのパイロット・プロジェクトをを開始することを示唆していた。このパートナーにはすでにカリフォルニア州で公道テストの許可を得ているDrive.aiなどが含まれている。

しかしLyft自身が許可を得たことは、今後自動運転テクノロジーにさらに積極的に関与していくことを意味するようだ。

カリフォルニア州でテストの許可を得た会社はライバルのUber、ライバルかつパートナーのWaymo(Alphabetグループ)、メーカーではメルセデス・ベンツ、Tesla、フォードなど多数。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+