iPhoneのjailbreakサイトが次々と閉鎖。ユーザーの関心薄れる

次の記事

MITとハーバード大学が、安価で超強力な人工筋肉を開発

今から数年前、iPhoneのjailbreak[脱獄]が大流行した。ハッカー対Appleのいたちごっこは大いなる楽しみで、脱獄者たちのためのオープンソースサービス —— 中でも代替App StoreのCydia —— は驚くべき機能とカスタマイズ能力をiPhoneにもたらせた。なかにはjailbreakされたiPhoneだけにアプリを提供して、Appleの塀に囲まれた庭園をあざ笑うデベロッパーもいた。

今はしかし、Jailbreakコミュニティーはすっかりさびれ消えかかっている。主要な2つのリポジトリー(アプリ倉庫)が閉鎖し、アクティブなjailbrakerがアプリをインストールできるものはほとんどなくなってしまった。

最初に閉鎖したのはModMyiで、レポジトリーを維持する経済的意味がなくなった、と発表した。

ModMyに続きMobile Nations(ModMyの親会社)とSaurikITについての議論も終了し、そこにはCydiaをはじめとするリポジトリーの抱える問題にとって残念だが明確なた結論があった。ModMyは、膨大なサーバー費用をリポジトリーが生み出す収益では賄いきれず、経済的利益だけでなく非営利として維持することもできなくなっていた。

次に、MaCitiが先週閉鎖された。jailbreak人気の「デススパイラル」の結末だった。

iOSの最新バージョンはJailbreakされていない。また、jaibreakされた端末はセキュリティーに問題があり、不正なアクセスを受ける可能性があることから、多くのユーザーが利用する可能性は低い。一番人気のサービスであるJailBreakMeさえもアイドリング状態だ。それでも、真の熱狂者たちは諦めていない。

「世間では『jailbreakは死んだ』とかどうやって死んでいくのかとか言われているが、このsubredditの議論は今も毎日活発だということをみんなに伝えたい」とAaronp613がRedditに書いている。「今は誰にとっても少々厳しい時期だとわかっているが、それはこの瞬間にあるものに集中する必要がある、という意味だ」

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook