Pixel 2の眠れるVisual CoreチップがAndroidの今度のデベロッパープレビューで可利用になる

次の記事

iPhoneのjailbreakサイトが次々と閉鎖。ユーザーの関心薄れる

残念なことにGoogleの旗艦機Pixel 2はそのローンチ以降、必ずしもすべてのサプライズが良いことではなかった。それでも、同社のカスタムSoC Visual Coreは良い方だと思われるが、でもそれはこれまで、同機の中でほとんど休眠状態だった。

同機が市場に出たとき、それはまだ十分に可利用ではなかったみたいだが、でも今度やっとそのチップは、自分の仕事ができるようになった。

今日(米国時間11/27)リリースされるAndroid 8.1デベロッパープレビューでは、Pixel 2とPixel 2 XLのチップの初期的サポートが提供される。それにより、すでに評価の高いカメラが、さらに性能アップするようだ。まだ、生産の問題は尾を引いているけど。

Googleによると、Pixel Visual Coreには、画像処理ユニット(IPU)コアが8つあり、演算ロジックユニットが512ある。機械学習を利用することにより、これらのハードウェアにより5倍のスピードアップが可能になり、電力消費は1/10になる。Android Camera APIがこのチップにアクセスするようになると、サードパーティの写真アプリもこのシステムの高速なHDR+を利用できるようになる。

すばらしいことではあるけど、またプレビューだから非公開ベータにアクセスできるデベロッパーが利用できるだけだ。まだまだ、バグ退治などが必要だろう。一般公開の日程は発表されていないが、8.1の公開ベータは12月からだ。

今のところPixel 2とPixel 2 XLだけの機能だが、今後の新製品ではすべての機種に当然載るのだろうね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa