Adobe、Photoshop CCにワンクリック対象選択を導入へ――Sensei AIを利用して自動認識

次の記事

任天堂のモバイル版Animal Crossing(どうぶつの森)がリリース直後の6日間で1500万ダウンロード

長年の練習のかいがあってか、非常に手際よく人物をマスクできるPhotoshopのユーザーは多い。とはいえ、人物の輪郭を切り抜くのはフォトショ作業の中でいちばん手のかかるやっかいな部分であることに変わりはない。しかしクリック1回で対象を切り抜ける魔法の杖が近々登場する。

今日(米国時間11/28)、Adobeが 公開したプレビュー動画によると、次のアップデートでPhotoshopにはAIを利用して対象を認識し、自動的にその輪郭にそってマスクを作成する機能が追加されるという。この機能は現在Select Subjectと呼ばれており、Adobeの AIプラットフォーム、Senseiが用いられる。

メニューからSelect and Maskを選び、選択したい対象をどこでもよいからクリックするだけでよい。AIが自動的に意図された対象を認識してマスクを作成する。その後は背景を透明化したり、別の画像に置き換えるなどこれまでどおりさまざまなツールを使うことができる。

Adobeのティーザー動画によれば、新機能はPhotoshop CCの次のバージョンで導入される。

ただし「次のバージョン」がいつリリースされるのか具体的な日付はまだ不明だ。.

Engadgetの記事によれば、Select Subjectツールはまだ完全に仕上がっておらず、人物の髪の毛など細部の認識に問題が出る場合があるという。しかしこうした問題は機械学習のアルゴリズムがさらに多くのデータを入手できるようになれば次第に改善されるだろう。

〔日本版〕上のビデオの1:00あたりからワンクリック選択がデモされている。デモでは複数の人物や人物とイヌなどを自動認識で切り抜いている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+