Appleがハウツー動画用に新たなYouTubeチャンネルをローンチ

次の記事

MITの新しい3Dプリンター技術はスピードを今の一般消費者製品の10倍にアップ

Appleがソーシャルメディア上のプレゼンスをさらに拡大しようとしている。同社は新たなYouTubeチャンネルをローンチし、iPhoneやiPadといったAppleデバイスの操作方法に関する動画の配信をスタートさせた。現在投稿されている動画は、スクリーンショットの撮り方やメールにファイルを添付する方法、写真の削除の仕方、壁紙の変え方など、よくあるシンプルな操作に関するもの。

ほとんどの動画は1.5分ほどで、1番長いものでも2分程度と構成はかなりコンパクト。アクセシビリティを考慮し、各動画には英語字幕がついているほか、全ての動画で左側に説明文、右側にデバイスの様子が表示されるようになっている。

この新しいチャンネルを発見した9to5Macによれば、Appleは以前にもメインのYouTubeチャンネルに「ハウツー動画」を投稿していたとのこと。

まだAppleは今後のチャンネル運営に関する情報を発表していないが、もしかしたら今後はiOSデバイス以外の動画も投稿されるようになるかもしれない。また、現在視聴できる10本の動画は全て同じタイミングで投稿されているため、動画の投稿頻度もわかっていない。

既に1万5000人以上が新チャンネルに登録しており、各動画の再生回数は最低でも1000回を超えている。今のところ1番人気の動画は『how to take a screenshot(スクリーンショットの撮り方)』で、再生回数は1万7000回にのぼる。

ちなみに今回明らかになったYouTubeアカウント以外にも、Appleはさまざまなソーシャルメディアのオフィシャルアカウントを持っている。

メインのYouTubeチャンネルに加え、TwitterにはAppleApple EducationApp StoreApple Supportの個別アカウントがあり、Facebookページ複数Tumblrアカウント、さらにはInstagramアカウントも複数存在する(最近追加されたInstagramアカウントには、iPhoneで撮影された写真が投稿されている)。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake