[お知らせ]12月2日の早朝からiPhoneが突然クラッシュしている人はこの記事を読んで

次の記事

Yextが2017第三四半期の決算報告を発表、売上は前年比で39%アップ

【抄訳】
今朝(12月2日)あなたのiOSデバイスが勝手に、ランダムっぽく、リブートしただろうか? それは、あなただけではないのだ。

今週のAppleは、ソフトウェアの面倒なバグに悩まされた。最初は、macOSのとんでもない誰もがrootでログインできるバグ、そして今度は、世界中のiOSデバイスをクラッシュさせる不具合だ。

みんなが言ってる現象はこうだ: 通知システムの異状のため、ホーム画面を管理するアプリspringboardがクラッシュする。そしてデバイスのリセットのような状態になり、その後PINの再入力を求められる。

運動とか医者通いとか、毎日のスケジュールで通知をくれるアプリがクラッシュを惹き起こしているようだが、しかもそれは、システムの時計が2017年12月2日の午前0時15分を過ぎてからしか起こらない。毎日のスケジュールで通知するアプリは全員が使ってるわけではないから、この異状も全員には起きてない。しかしそれでも、クラッシュの引き金を引くアプリを具体的にすべて特定することは難しい。多すぎるから。

回避策: デバイスを立ち上げて数分間無事なあいだに、毎日通知をくれるアプリの設定の「通知をする」のチェックを外す。

(サードパーティのアプリの通知をすべてoffにして、ひとつひとつonに戻してみる、という突き止め方もある。相当面倒だけど。)

アップデート: 上記により、デバイスがリセットしなくなったら、iOSをアップデートする。AppleはiOS 11.2を公式にリリースしているが、これには問題がないようだ。でもアップデートするためには、、まずデバイスを安定化しなければならない。11.2にアップデートしたら、すべての通知をonにしてよろしい。

誰かが言ってる、システムクロックを12月2日以前に戻すという方法は、やってはいけない。暗号や証明など、システムの重要な機能はシステムクロックに依存しているから、日付時刻を勝手に変えたら、iMessageやゲームなど、そのほかのアプリの動作も狂ってしまうだろう。

2017年12月2日の午前0時15分を過ぎてもデバイスがクラッシュしなかった人は、何もしなくてよい。そんな人は、毎日通知をするアプリを使って(動かして)いないはずだ。なお、iOS 11.2のベータを使ってるユーザーにも、この異状は起きていない。

【中略】

 

【後略】

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa