配車サービスのLyft、最新の調達ラウンドは5億ドル追加で総額15億ドルに

次の記事

「飲食店のネット予約を当たり前に」VESPERが1.5億円を調達、オートメーションで業界革新へ

Lyftは10月に発表した10億ドルの調達ラウンドに、さらに5億ドル追加したと発表した。総額15億ドルとなったラウンドにはFidelity Management & Research、Ontario TeachersのPension Fundも参加している。

Lyftの調達後企業評価額はこの追加時点で115億ドルになる。拡大された同ラウンドは引き続きAlphabetのCapitalGがリードする。

2017年はLyftにとって大当たりの年になった。100を超える新市場に進出し、今月にはカナダも加わる。今年は一カ月を残して、総マイル数も2倍以上に増えた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook