PiTunnelはお手元のRaspberry Piを世界に結びつけるネットワークサーバーにする

次の記事

ファンと有名人のクローズドな双方向コミュニティ「fanicon」、課金機能で良質なコミュニティを形成

Raspberry Piは、いつも孤独だ。この小さなシングルボードコンピュータは、デスクの下や3Dプリントで作ったケースの中に静かに座って、せつなく何かを待っている。しかし今回は、Dimitri Raftopoulosというプログラマーのサイドプロジェクト、PiTunnelアプリのおかげで、孤独からおさらばできた。

このプロジェクトは、Piを外界に安全に露出する。そしてターミナルやWebからのわずかなコマンドで、この、おちびさんにアクセスできる。ユニークなのは、ブラウザーの画面にコマンドプロンプトが出ることだ。Dataplicityのような類似のプロジェクトもあるけど、Raftopoulos独自の工夫もいくつかある。

“個人的なプロジェクトをやってるとき、Raspberry Piを初めて知ったが、驚いたのはリモートアクセスの機能がどこにもないことだった。そこで、PiTunnelを作ったんだ”、とRaftopoulosは言っている。彼は、プログラマーといっても、長年ほとんど組み込み専門で食ってきたベテランだ。

このプロジェクトの資金は、自分のポケットマネーだ。

“これまでは、Piのリモートターミナルタイプの使い方が多かったし、PiTunnelはそれもできるけど、でもあえて「トンネル」と呼んでいるのは、こっちのRaspberry Piの上でいろんなネットワークサービスを動かして、それに世界中のどこからでもアクセスできるからだ。httpでもよいし、独自のプロトコルでもよい。ネットワークの複雑なルーティングとか静的IPなどで悩む必要がない”、とRaftopoulosは述べる。“その上でどんなサービスでも動かせるし、世界中の誰もがアクセスできる。セキュリティのために、自分にしかアクセスできないようにもできるね”。

PiTunnelがあれば、小さな孤独なコンピューターがリモートモニタリングのためのステーションやセキュリティシステムに昇進する。もちろん、本格的なWebサーバーを動かしてもよい。ずっと寂しかったPiくんの、幸せな笑顔が見えるね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa