体の動きを記録できるNotchはスポーツや作業の上達に必須のアイテムになるだろう

次の記事

AIとのレッスンで英会話を学ぶ「TerraTalk」、提供元が2億円を調達

Notchを作ったEszter OzsvaldとStepan Boltalinは、このプロジェクトに2013年から取り組み、今年やっとDisrupt Berlinのステージでその完成した姿を披露できることになった。すでにSOSVenturesやHax Acceleratorが投資しているNotchは、ユーザーが自分の体の動きを走査し、動きを軌跡として記録できる。ゴルフのスイングや体操、作業など、どんな動きでも分析できる。

同社は今、パートナーたちと一緒に、ゴルフの教習やプロのゴルファーのプレイなどを3Dで記録しようとしている。また、4DMotionSportsというパートナーは、陸上選手の3D記録を作って、その再生利用をするつもりだ。

Ozsvaldは曰く、“Notchは初めて、本格的なモーションキャプチャーをスマートフォンに持ち込んだ。また、モーションキャプチャーを利用するアプリを誰でも作れるようにAndroidとiOS用のSDKを提供しているのも、うちが初めてだ。スポーツや作業分析ばかりでなく、消費者向けのおもしろい動き分析アプリが作れると思う。Notchが類似製品と違うのは、使用するセンサーの数にスケーラビリティがあること(最大12まで)、そしてコストがそれらの1/10ぐらいと安いことだ”。

  1. notch-0114.jpg

  2. notch-0111.jpg

  3. notch-0106.jpg

  4. notch-0113.jpg

  5. notch-0109.jpg

  6. notch-0108.jpg

センサーを6つ搭載したNotchは387ドルで、すでにこれまでに1万台を売った。

同社はKickstarterでも資金集めに成功し、そして今では本格的な商用製品とアプリをリリースしている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa