マルウェア入りコンテンツをユーザーに絶対渡さないMenlo SecurityがシリーズCで$40Mを調達

次の記事

サイバーセキュリティクラウドがAWSに対応したウェブセキュリティ新製品「WafCharm」発表

Menlo Securityは、独特のやり方で企業をマルウェアやフィッシング詐欺から護る。その同社がこのほど、4000万ドルのシリーズCラウンドを発表した。

Menloは、社員たちがマルウェアのあるWebサイトやメールの本物にアクセスさせないようにして、顧客企業を護る。オリジナルは別途保存し、クリーンな写像をブラウザーに表示するから、悪いものはすべて剥げ落ちている。つまり、マルウェアがあなたに届かなければ、あなたに危害を加えることはない、という理屈だ。

CEOで協同ファウンダーのAmir Ben-Efraimは、2015年の2500万ドルのシリーズBのとき、こう説明した: “Webページやメールはすべてクラウド(パブリックまたはプライベート)に隔離する。コンテンツを隔離すれば、それは絶対にエンドポイントに到達しない。これによってマルウェアを、アーキテクチャのレベルで排除する”。

それはとても効果的なやり方なので、Ben-Efraimによると、今では数百社の顧客企業に計100万人以上のユーザーがおり、全員が今日まで無感染だ。

このような結果に、顧客も投資家も前向きに反応している、と彼は語る: “現時点で数百社の顧客がおり、その多くはGlobal 2000社だ。これまで、非常に高い増加率だった。われわれのプロダクトのねらいが、的を得ていたということだろう。過去二年間の大きな被害例を見ると、エンドユーザーがマルウェアの餌食になるケースが多かった”。

今回のラウンドには、American Express Ventures, Ericsson Ventures, HSBCなどからの戦略的投資が目立つ。また、既存の投資家も参加している: JPMorgan Chase, General Catalyst, Sutter Hill Ventures, Osage University Partners, Engineering Capitalなどだ。同社の累計調達額は、8500万ドルになる。

HSBCのサイバーテクノロジー担当Tim Dawsonによると、同社はつねにセキュリティの革新的なソリューションを捜している。彼は声明文でこう述べている: “サイバーセキュリティはわれわれの最上位のプライオリティである。脅威はたえず進化しているのでわれわれは継続的に時間とリソースをそのチャレンジにつぎ込み、クライアントとスタッフを護る革新的な方法を探求している。今回の投資も、その取り組みの一環である”。

同社の社員は今125名だが、来年中には200近くにまで増やしたい、とBen-Efraimは言う。“シリーズCは市場拡大の資金になることが一般的に多い”、と彼は語る。彼は来年以降、全世界的な営業とマーケティングチームの構築に注力していく意向だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa