NASAが国際宇宙ステーションでスターウォーズ・最後のジェダイを上映へ

次の記事

ジェフ・ベゾスのBlue Origin、乗員カプセルの打ち上げ、回収に成功

国際宇宙ステーションで暮らす宇宙飛行士だからといって人気映画の封切りは見逃したくないはずだ。それが『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のような映画ともなればくやしさもひとしおだろう。そういうわけで、NASAはDisneyの協力を得てISSのクルー向け上映会を企画した(この映画はアメリカでは今週公開予定)。

残念ながらISSのクルーは大画面での体験はできない。NASAがMashableに答えたところでは、ISSで映画を見るにはノートパソコンか小型のプロジェクターが使われるということだ。しかし地球周回軌道上のISSの宇宙飛行士は無神経な友達からネタバレを聞かされる心配だけはなさそうだ。

ところで現実の宇宙飛行士はポーグというクリーチャーにどんな感想を抱くだろうか?

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+