Chromeのビルトイン・アドブロッカーは2月15日から――Googleが発表

次の記事

成約率が高い見込み客を自動でリスト化、DBスタートアップのBaseconnectが1億円調達

今年初めにGoogleは「ある種の広告をChromeから締め出す」という計画を発表した。長らくそれがいつからか分からなかったが、やっと期日がはっきりした。来年の2月15日だ(via VentureBeat)。Googleもメンバーである広告適正化の団体、Coalition for Better Adsが定めた基準に基づくアドブロッカーがこの日からChromeにビルトインされる。

もちろんすべての広告がブロックされるわけではない。このアドブロッカーは不必要にうるさく、押し付けがましい広告をブロックする。この場合、あるサイトが掲出する広告の一つが「基準不適合」と認定されると、他の広告は基準に適合していても、そのサイトの広告は全面的にブロックされる

GoogleではChoromeへのアドブロッカー導入に先立って、多数の広告主と共同で広告基準に適合することを確認する努力を続けている。影響の大きい新機能なので「突然自社の広告がブロックされた」といった苦情が出ないよう、慎重を期する必要があるわけだ。

Googleがネーティブ・アドブロッカーをChromeに導入することにした理由としては、不快、不適切な広告がはびこるとユーザーはサードパーティーのアドブロッカーをChromeに設置するようになり、こうしたアドブロッカーにはあらゆる広告を排除しようとするものもあるからだ。そうなるとGoogleの本来の収益源である広告代理業に悪影響を与える可能性が出てくる。

〔日本版〕Googleの発表はこちら

画像: Stephen Shankland/Flickr UNDER A CC BY-SA 2.0 LICENSE

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+