企業の紙の書類の山をロボット軍団を使ってデジタイズするRipcordにGoogle Venturesらが投資

次の記事

Magic LeapがARヘッドセットMagic Leap One ‘Creator Edition’をお披露目、出荷は2018年の予定

8月に報じたRipcordの4000万ドルのシリーズBは、Google Ventures(GV)が率いる追加投資により6500万ドルに膨れ上がった。新たな資金は、このレコードキーピング企業の継続的な急成長をさらに支える意味で投じられた。ベイエリアに拠を置く同社は、100名を新たに雇用し、2018年にはさらに150名を加える予定だ。

同社は今年の3月にステルスを脱し、そのときシリーズAで950万ドルを調達したことを発表した。当時同社は、10億ドル企業のエンタープライズマネージメント大手Iron Mountainを、第一のコンペティターとして挙げた。

しかしRipcordのレコードへのアプローチは純粋にデジタルで、ロボットの軍団を使って重要な記録を取り出し、人間の10倍の速さでドキュメントをスキャンする。来年の終わりまでに同社がデジタイズする文書量は、一日平均で約5000万ファイル、と予想されている。

追加資金はサービスのスケーリングに充当される。それを目指して同社は今、さらに多くの有名企業に営業を仕掛けている。CEOのAlex Fieldingによると、GVが同社に着目したのは、情報をインデクシングするサービスに関心があったからだ、という〔Googleとの共通項〕。

Fieldingは語る: “Googleが今回のラウンドでうちと仕事をする気になった動機は、検索のインデクシングでは得られない情報へのアクセスに着目したことだ。コンテンツを検索する方法も、うち独特であり、それは彼らにとって新しくておもしろいはずだ。企業に山のようにある紙の文書には、GoogleのPage Rankのようなものはない。誰が書いたかも分からないし、その信頼性も分からない。それが参照しているリファレンスが、どんなものかも分からない…単純にリンクを貼れるようなものではない。

カリフォルニア州ヘイワードに本社を置く同社は、これまで累計7450万ドルを調達した。このたびGoogle Venturesが加わった投資家リストには、Con Ventures, Kleiner Perkins, Legend Star, Lux Capital, Silicon Valley Bank, Telstra Ventures, Steve Wozniakなどの名前が並んでいる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa