愛らしい家庭用ロボット「Kuri」が予約分を出荷開始

次の記事

ポケモンGOのARモードが強化される(ただしiOSのみ)

ルンバよりもコンパニオンになりたいロボットのKuriが、顧客向けに出荷開始された。Kuriを作ったMayfield Robotics(Bosch傘下のスタートアップ)は、最初の出荷分をFedEx経由で送り出したことを発表した。これで、このフォトジェニックで可愛いロボットを2017年中に出荷するという同社のゴールはかろうじて達成された。

Kuriが最初にベールを脱いだのは、ほぼ1年前にラスベガスのConsumer Electronics Showで、以来アップデートを繰り返してますます賢くなり生産状態に近づいていった。Mayfieldのロボット技術者たちは、単に機能するだけでなく家族の一員として迎えられるような家庭用ロボットを作りたかった。,

ちいさなロボットは、タッチセンサーと表現力豊かな目を備え、内蔵カメラにはライブストリーミング機能もあり、スピーカーとマイクロホンとジェスチャーモーションアクチュエーターを使ってコミニュケーションをとることもできる。障害物をさけて動く車輪は部屋から部屋へと移動し、さまざまな床やカーペットにも対応できる。

Kuriは、無人で部屋の中を移動するように設計されており、時間とともに学習し、特別な瞬間を記録し、音楽やオーディオブックやポッドキャストを再生し、室内の友達としてふるまう。家庭用ロボットを700ドルという価格で売り出したことは新鮮で大胆なやり方といえる。Mayfieldは、順調な引き合いをよろこんでいるようだ。現在入荷待ちの状態で、今日予約すると配達は来年春になる見込みだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook